株 仮想通貨 - 注目の5銘柄をご提供!あすなろ投資顧問

株 仮想通貨

株 仮想通貨


仮想通貨関連の株をお探しの方へ。話題の仮想通貨ビットコイン。これもまた当初の目的とは違ったかたちで普及が進んでおり、マネーゲームと言われても仕方ないかもしれません。本来、ビットコインは安く、早く、広く信頼できる仮想通貨を目指して作られたものだそうです。しかし、今は投機が過熱して取引の手数料が暴騰、2年前まで5セントにも満たなかった手数料は1回の換金で平均5ドルを超えるそうです。なんと手数料の上昇率はこの2年で100倍になってます。

当サイトでは、仮想通貨関連の注目株や、仮想通貨関連の情報をご紹介しております。仮想通貨関連の株式投資をお考えの方、仮想通貨関連の株価予想や本命銘柄に興味のある方、是非当サイトをご覧ください。

■仮想通貨関連 注目株のご紹介

銘柄名:カイカ(2315)
市場:ジャスダック


銘柄名:リミックス(3825)
市場:東証2部


銘柄名:リアルワルド(3691)
市場:東証マザーズ


銘柄名:ボヤージュ(3688)
市場:東証1部


銘柄名:アイリッジ(3917)
市場:東証マザーズ


株 仮想通貨

■元外資系金融マンの仮想通貨に関するこぼれ話


~活気づく日本市場~

仮想通貨関連も投資家の買いが継続していますが、賞味期限を考えると今回の上昇材料としては天井が近づいてきている可能性があります。元々、仮想通貨としての機能として期待されたのは決済の利便化にあったと思われますが、現在はただの投機対象と化しています。先般、改正資金決済法の施行でここから普及拡大していく期待が大きいのも海外では決済インフラとして導入が進んでいるところもあるからでしょう。

ただし、今はまだ通貨と呼べる段階になく、法的にも単なる「財産的価値」として位置づけられているので、金融商品でもありません。みんなが価値があると思えばその価値が絶えず変動する「モノ」ですので、その本質的価値が認められるには今しばらくの時間が必要になると思います。

>>仮想通貨 関連記事の詳細はこちら

~資本市場の不思議~
決算は開いてみないと分からないギャンブル的要素はありつつも、市場に参加する投資家がその銘柄を見直すきっかけとなりますので楽しみが大きいイベントであると言えます。新サービス「VALU」というもので、誰でも模擬株式を発行して資金調達ができるそうです。仮想通貨の次は模擬株式とは・・・。と正直思ってしまいましたが、クラウドファンディングの進化版みたいなものになるのでしょうか。仮想通貨を利用した資金調達手法は「イニシャル・コイン・オファリング」と呼ばれ、世界的な注目が集まっているそうです。

株式市場と大きく違う点は、企業だけでなく『個人』に資金調達の手段を提供したという画期的な仕組みです。ただし、出資や調達は仮想通貨「ビットコイン」で行われるため、これの普及が進まない限りは市場として成立しない段階にあります。
>>仮想通貨 関連記事の詳細はこちら

仮想通貨の銘柄や関連株、投資ファンド、投資信託などをお探しの方、当サイトをご参照下さい。仮想通貨関連の株をお探しの方も是非どうぞ。


有限会社 日本あすなろ投資顧問
関東財務局長(金商) 第686号
一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393


株 仮想通貨