有限会社 日本あすなろ投資顧問 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

あすなろ投資顧問

05/14 09:00

藤井のウィークリーファイブ

決算通過で、真の割安銘柄を探す

お休み中失礼いたします。

あすなろ投資顧問の助言者藤井です。

皆様1週間のご運用お疲れ様です。

今週でほぼ3月決算が通過しました。
日本の上場企業の約7割が3月決算で、発表は45日以内即ち
5月15日が期限となります。

株価の大きな決定要因に企業収益が有ります。
5/10の時点で日経平均の今期一株利益予想は1303円まで上昇しました。

私は毎日上記の数字をノートに記載していますがGW直前と足元では約
10%上昇しています。株価に当てはめると日経平均は21000円していてもおかしくは有りません。

なぜ上昇したかと言うと日経平均採用銘柄の各企業が今期の業績見しを
上方修正したからです。

正にこの状態が割安で有る事になります。PERは5/10時点で15.3倍に留まり、現在の米国は約19倍と割高に買われています。

一部の外人投資家の中にはグローバルな市場で巨大な資金を運用しているので常に割安な市場に資金を振り向ける行動をとります。

毎週木曜日に前週の投資部門別売買動向が東証から発表されます。
5月第一週は二日間しかなったですがなんと1583億円を外人は買い越しました。

直近5週間の外人投資家の買い越し額の合計は約9000億円に達しました。

この5週間を分析すると外人投資家は日経平均が19000円を割れたタイミングから買い始め18200円の直近安値を付けた後の戻る局面も買い続け
た事になります。

上記のグローバルで運用している外人投資家は各国のGDP・企業収益・市場金利・政治政策・物価等を分析してその時に一番割安な市場に資金を移動させる傾向にあります。

このことからも日本市場は直近の地政学的リスク(北朝鮮・シリア問題)など大騒ぎしていて日本人が売り続けていた時に外人はコッソリ、買っていたことになります。

今回も毎度おなじみの展開となり、美味しいと所はまたもや外人に持って行かれました。

日本市場の戻りは新興市中心に出遅れている市場が有るのでまだまだ続くとい思われます。 

それではウィークリーファイブ恒例の5銘柄のご案内です。


FPG(7148)
投資家が課税の繰り延べ効果を享受できるオペレーティング・リースのアレンジメント業務を手掛け、富裕層向けの節税ニーズに答えるビジネスに注目が集まる。上期経常が二桁増益で着地・1-3月期も78%増益
と好調。テクニカルの一目均衡表は三役好転で短期上昇波動が出現する。
船舶やコンテナのオペリース事業が主力。

ダイキョーニシカワ(4246)
先週出た決算では今期は減益になったものの、経常利益18年3月期は前期比二桁増の153億円に伸びる見通しが好感される。PER面では時価近辺で約10倍と割安感も台頭している。
自動車向けプラスチック部品を製造・販売。マツダ向け約7割。

平田機工(6258)
パネル製造装置を生産する同社は米アップルが今秋にも発売予定のiphone 8で有機ELパネル搭載が有力視されている。テクニカルの一目均衡表では先週に三役好転し短期上昇波動が出現する。
生産設備の製造販売。自動車と薄型テレビ向けが主柱。

ベルーナ(9997)
株価は11年ぶりの高値圏に戻り18年3月期業績は最終利益は51.6%増を予想し、高値追いの展開に。業績好調の背景にはM&A戦略が奏功、収益多角化推進も寄与して業績急成長。衣料品等のカタログ通販大手、中年女性中心。折り込みチラシで顧客を開拓。

あらた(2733)
5/9の決算では今期経常は6%増、14期ぶりに最高益を更新し5円増配を発表した。売上拡大および売上総利益率の改善、間接業務の効率改善経費率の削減で収益が伸びた。時価近辺でのPERは約9倍と割安感が強い。
日用品卸で首位級で地方卸3社が合併。営業網は全国規模。


ココでの紹介銘柄に関してのお問い合わせは

0120-1376-01 助言者 藤井まで

それでは来週もよろしくお願いします!

無料新着記事

記事一覧へ

免責事項

Webサイト及びメール上での提供情報は著作権法によって保護されており、有限会社 日本あすなろ投資顧問(以下「当社」)に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。
提供情報は、当社の情報提供を目的とするものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。Webサイト及びメール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
当社は、提供情報の内容については万全を期しておりますが、会員様が提供情報の内容に基づいて行われる取引、その他の行為、及びその結果について、これを保証するものではありません。また、この情報に基づいて被った如何なる損害についても当社は一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。

投資顧問契約に係るリスクについて

投資顧問契約にあたっては「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担頂く助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した契約締結前交付書面を予めお読み頂き、内容をご理解の上ご契約をお願いしております。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。 信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。
ご提供銘柄の中には、取引所や証券会社の判断で信用取引規制がかかる場合もございます。当社では「楽天証券」を基準に信用取引に関する規制等の判断を行なっておりますが、ご利用の証券会社によっては信用取引(制度・一般)が行えない場合もございますので、予めご了承下さいませ。

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック