有限会社 日本あすなろ投資顧問 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

あすなろ投資顧問

06/18 15:00

社長の二言目

銘柄相談フェスタ夏を先獲りSP 大盛況!!

お陰様で只今募集中の銘柄相談フェスタ。
過去最高件数頂戴しております。
まずはご利用の皆様に厚く感謝申し上げます。

振り返れば前回開催時が地政学リスクのど真ん中でした。
不透明な先行きへの不安からか
沢山のご相談を頂きましたが・・・

今回はそれを遥かに超える相談件数!!
あすなろを使い倒してくださって
ありがとうございます。


少し相談内容に触れてみますね。

【1・どんな相談が多いのか?】

・上昇したけど利食うべき?
・今後の見通しが聞きたい
・長い間塩漬けの株、どうしたらいい?
・他社で推奨されたんだけどパッとしない

このような相談が多い傾向。

ちなみに、利食いの相談に関してですが
「思った時が利食い時」でいいと思いますよ。
利食い千人力!!
実利に匹敵するものなし。
頭と尻尾はくれてやれの精神で余裕をもって取り組みましょう。


【2・どんなセクターが多いのか?】

加藤あきら氏に聞けば

大きな偏りはないけどもあえて言うなら

・バイオ
・ゲーム

だそうです。
そして、やや高値掴みが多いという。

これはあくまでも想像ですが
ネット等で名前を見るようになってから買ってないですか?
それでは圧倒的に遅いわけです。
出来高の薄い間に少しづつ集めて、満を持して初動を迎える。
このイメージを持ちましょう。


ちなみに全ての相談内容はしっかり保存し
可能な限りその後の動向を追ってます。
判断に困ったときは
フェスタ終了後も引き続きご相談ください。


さて先週印象的だったのが
12日のアップルとアマゾンの売買代金が
13日の東証一部売買代金と同額だったというニュース。

その額2.1兆円。

いやはや
米株は規模感が異次元ですね。
日本で人気化するテーマ株には
アメリカ企業の影響を受けやすいものがありますね。
たとえばAIだとかIotだとか。
ハイテク関係はその傾向が強いです。
ふむふむ。

米株チェックも重要ですねぇ。
あすなろで何かできないものか。。。

承知!!
実は、準備していた構想があります。
まずは分かりやすいところから始めてみましょうか。
形になるまではもう少しかかりそうですが。

乞うご期待。

執筆:大石恭嗣


PS:
移動中に立ち寄った大黒埠頭。


大黒PA


私はいわゆるはまっ子ですので、思い出深い場所。
あの頃は週末ともなれば派手な車やバイクがあつまり
それを見に来たギャラリーも相まって大渋滞。
さらに外ではドリフト族がタイヤを鳴らし
それにもギャラリーがついて本当に賑やかでした。

大人になった今、すっかり静かになったこの場所で
コーヒーなんぞを飲んでいると
なんだか感慨深いものがあります。

余談失礼しました。

それでは
今週もよろしくどうぞ!!

無料新着記事

記事一覧へ

免責事項

Webサイト及びメール上での提供情報は著作権法によって保護されており、有限会社 日本あすなろ投資顧問(以下「当社」)に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。
提供情報は、当社の情報提供を目的とするものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。Webサイト及びメール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
当社は、提供情報の内容については万全を期しておりますが、会員様が提供情報の内容に基づいて行われる取引、その他の行為、及びその結果について、これを保証するものではありません。また、この情報に基づいて被った如何なる損害についても当社は一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。

投資顧問契約に係るリスクについて

投資顧問契約にあたっては「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担頂く助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した契約締結前交付書面を予めお読み頂き、内容をご理解の上ご契約をお願いしております。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。 信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。
ご提供銘柄の中には、取引所や証券会社の判断で信用取引規制がかかる場合もございます。当社では「楽天証券」を基準に信用取引に関する規制等の判断を行なっておりますが、ご利用の証券会社によっては信用取引(制度・一般)が行えない場合もございますので、予めご了承下さいませ。