株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

あすなろ投資顧問

12/06 17:00

加藤あきらの投資戦略室

日本の株と為替だけ攻められるには理由がある

本日のお取り組みもお疲れ様でした。

今週は際限ない売り圧力にさらされて、投資の戦略も何も無いじゃないかといった気持ちも芽生えてしまうかもしれません。

事実、この3日間で日経平均・TOPIXをはじめマザーズ指数なども重要な節目をあっさりと割り込んで、為替もリスクオフの様相を強めています。

でもこれは結局、日本の株式市場、ドル円の話です。

本日の下げにおいても下落幅の割に出来高はそれほど膨らんでおりませんので、他のアナリストも言っているように薄商いの売り仕掛けとみてよいかと思います。

最大瞬間風速で下げが加速している側面はあるにせよ、その分下げている時間はそれほど長引かず、一旦はリバウンドの局面が訪れることでしょう。

おそらく来週にメジャーSQがありますので、あくまでも期限つきの下げ局面と言え、底打ちにそれほど時間はかからないと思います。

ということはつまり、今は“買い”の目線が必要です。

日本株を安く仕込みたい何者かがいると裏読みすることもできるかと思います。

日経平均21800円以下は買いとお伝えしましたが、今日安いところを買い向かった方は勇敢な方と言えるかと思います。

今はまだ2月や10月の安値をつけた時のようなセリングクライマックスと言えるような出来高がドーンと膨らむような商状にはなっていないのですが、ボックス型の相場ではこれが妥当なのかもしれません。

明日は週末ですので様子見が強いかと思いますが、最近の傾向では週末高になることも多いですので、資金に余裕がある方は買い出動です。

ただし、本日上昇している石垣食品(2901)やGFA(8783)などは相場の質的に良い銘柄とは言えませんので、仕手株好きの方にぜひ譲ってください。

これまでにご紹介してきた主力株の他にも、中小型株の中で安くなったところを狙っておきたい銘柄はたくさんあります。

サニーサイドアップ(2180)なども先日上放れして逃げられたかに見えましたが、地合いの影響で水準を落としてきました。

こうした仕掛け売りの際には、下げ止まりを狙っているのは私たちだけでなく実際に仕掛けているファンド勢も裏では現物株を拾ってくることと思います。

云わば安値争奪戦になってくるかと思いますが、なにも大底を拾った人が上手いわけではありません。指数を目安にしながら市場の温度を計りながら底値付近を見定めていけばよいでしょう。


【 相 場 の 格 言 】
『 吊人、天井売らず底買わず 』

それでは明日も希望をつないで慎重にかつ大胆に取り組んでまいりましょう。

【本日ご紹介した銘柄】
石垣食品(2901)
GFA(8783)
サニーサイドアップ(2180)

執筆:加藤あきら

無料新着記事

記事一覧へ

免責事項

Webサイト及びメール上での提供情報は著作権法によって保護されており、株式会社あすなろ(以下「当社」)に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。
提供情報は、当社の情報提供を目的とするものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。Webサイト及びメール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
当社は、提供情報の内容については万全を期しておりますが、会員様が提供情報の内容に基づいて行われる取引、その他の行為、及びその結果について、これを保証するものではありません。また、この情報に基づいて被った如何なる損害についても当社は一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。

投資顧問契約に係るリスクについて

投資顧問契約にあたっては「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担頂く助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した契約締結前交付書面を予めお読み頂き、内容をご理解の上ご契約をお願いしております。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。 信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。
ご提供銘柄の中には、取引所や証券会社の判断で信用取引規制がかかる場合もございます。ご利用の証券会社によっては信用取引(制度・一般)が行えない場合もございますので、予めご了承下さいませ。

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック