株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801 (公社)日本証券アナリスト協会

あすなろ投資顧問

2020-09-26 09:00:00

まんもす藤井。の銭話物語

日経平均は揉み合い、IPO投資で儲けるコツは?

みなさん、お休みのところ恐れ入ります。

『まんもす藤井。の銭話物語(ぜにばなものがたり)』

まんもす藤井。です。


足元の日経平均は8/28の安値22594円~9/14の高値23582円のレンジ内の動きが続き、近くて遠い24000円となっています。

そんな中注目したいのがIPO(新規公開株)投資です。

IPOとはInitial Public Offeringの略語で、日本語では「新規公開株」や「新規上場株式」と表します。株を投資家に売り出して、証券取引所に上場する事です。

IPO株投資とは、新規上場するときに抽選で投資家に配られる“株を買う権利”を抽選で手に入れ、上場日のはじめに付く株価(初値)で株を売ることで利益を出すことです。

ではどのようにして買うのか?

IPO株の配分がある証券会社(幹事証券)に口座持っておかないと駄目です。

通常は大手証券会社、銀行系証券会社が幹事団(引受証券会社)に入り、販売力の弱い地場証券や中小証券は幹事証券に入り辛いのです。

どの証券会社でも株取引自体はできますが、IPO株はあらかじめ配分が決まっているので、割り当てのある証券会社で口座を作らないと、そもそもIPOの抽選自体が受けられません。 

なぜIPO投資は人気なのか?

一般的にIPO株は値上がりしやすく有利と言われているのは短期で数倍になる確率が高いのです。

また、IPO株を公募価格で購入する場合、実は手数料が必要ありません。

通常の株式取引においては株を購入する場合、売買手数料を証券会社に支払う必要があるが、しかしIPO株の公募の際の購入に関しては売買手数料が不要となります。

つまり公募価格さえ支払えばコストをかけずにIPO株を手に入れることができます。

ただしIPO株を手に入れた後、売却する際は通常通りの売買手数料が発生します。

IPO株は初値が高くなりやすいため、大口顧客に優先的に配分するということを、従来からの対面型の証券会社では行っているます。

つまり、対面証券会社に手数料を多額に払っている顧客は、ネット証券からIPOに申し込むよりも普段利用している対面証券会社の営業員に直接IPOの申し込みをする方法をとった方がIPO株を購入できる可能性が上がる場合もあります。

その場合はやはり、担当営業マンとの人間関係も重要になってきます。

人気IPO銘柄の見極め方

1:仮条件の価格の上限で公募価格が決まったかどうかが重要。仮条件の価格の上限で公募価格が決定しなかった場合、需要に対して供給が多すぎる可能性があり、その場合も初値は値下がりしやすい。

2:事業内容で業種が大事でやはり、情報・通信業でIT企業、AI、クラウド、セキュリティ、DXなどのキーワードがあると人気化しやすい。

3:公開時の市場吸収規模、大きすぎると上値が重く、値動きも悪く10億円以下が良く上がる。

今後予定されるIPO銘柄の詳しい内容はまんもす藤井。まで是非お問い合わせください。

【気になるIPO銘柄】
トヨクモ(4058)
ヘッドウォータース(4011)
カラダノート(4014)

今回はここまで、最後までお読み頂きありがとうございました。

執筆 まんもす藤井。


【紹介銘柄】
トヨクモ(4058)
ヘッドウォータース(4011)
カラダノート(4014)

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック