株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801 (公社)日本証券アナリスト協会

あすなろ投資顧問

2021-06-11 11:30:00

後場の注目株

強さを見せるマザーズ市場銘柄など

ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)
「みんなの株式」「株探」などの投資家向け情報サイトを運営している企業。本日前場の株価は急伸しており、4580円まで買われる場面もあった。日足の一目均衡表では転換線を支持線としており、遅行スパンはローソク足を上放れ、強い上方シグナルは依然継続していると見られる。週足では13週線と26週線のゴールデンクロスが近づいてきており、今後もモメンタムが継続すれば、転換線と基準線のデッドクロスも免れると見ている。

ワンダープラネット(4199)
10日に東証マザーズに上場した同社は、主にスマートフォン(スマホ)向けゲームを国内外に展開しており、パネルをタップして壊すゲーム「クラッシュフィーバー」はその爽快感などから人気を博している。昨日は上場初値が公開価格を60.7%上回り好調な滑り出しを見せたが、本日前場も高水準の出来高を伴って5490円まで買われた。高値形成後は換金売りがやや優勢となっているが、足元ではマザーズ指数が依然強く、目先注目を集めそうだ。

ラクスル(4384)
広告印刷を効率良く提供するサービス「ラクスル」などを展開する企業。10日引け後に発表した決算結果が好感され、本日前場は窓を開け急伸。上値を抑えつつあった25日線を大きく上放れている。5490円をピークに売られているものの、5100円付近の押し目買いが下値を支えており、売り物が一巡すれば4/16高値の5720円辺りがターゲットとして意識されそうだ。日足の一目均衡表では雲を着実に突破すれば、ほぼ三役好転が完了すると見ている。

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック