株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 第011-1393

(一社) 人工知能学会:18801(公社)日本証券アナリスト協会:01159

あすなろ投資顧問

2021-11-25 14:00:00

まんもす藤井。の銭話物語

日経平均株価の短期トレンドの変調

昨日の主な下落銘柄はグロース(成長株)株、即ち、新興市場上昇でトレンドを維持し直近強張っていた銘柄が大きく売られました。詳細は昨日のコラムをご参照下さい。

投資家にとっては、グロース銘柄とは、金利上昇に弱く割高感があり、金利変動に敏感に反応する銘柄なのです。

昨日の日経平均株価は471円安の29,302円と予想以上に弱い動きとなってしましました。

現状の短期的な戻り相場のトレンドは、10/6終値の27,528円を起点に考えなければなりません。

10/6の27,528円と10/28の28,820円を結ぶトレンドラインを昨日は切れてしまいました。

目先は10/6からの戻り相場に変調をきたした、一つのシグナルです。

このトレンドラインを時間を掛けずに戻すことが重要です。

現在の日経平均株価の下への出易い値幅は、直近の戻り高値である11/16の29,808円に対して787円の値幅が存在します。

この値幅は8/20安値の27,013円に入る前の上げの値幅です。(7/30~811)

29,808円ー787円=29,021円

更には、8/20安値の27,013円に入る前の一突っ込みの1057円(8/11~8/20の上げの値幅)が出るとすれば

29,808ー1057円=28751円

が現在のところ観測できる水準です。

また、日経平均株価の一目均衡表の基準線が29,216円(執筆時)で、昨日のザラ場安値は29,212円でした。

更に変化しやすい日柄としては、9/14の高値30,670円から51日目が11/29、10/6の安値27,528円から42日目が12/6となります。

更に、3/8の28,743円から5/13の27,448円が69日(安値~安値に要した時間)、5/13の安値から同じく69日目が8/20の安値で入ったことから、8/20から69日目が11/30日になることからも注意が必要です。

従って、日経平均株価は目先では今月末から12月第一週にかけて安値を付け、そこが買い場になると思われます。

個別銘柄では

機関投資家が売買するコア30の採用銘柄にも明暗が分かれてますので、確認してみてください。

★明
第一三共(4568)
日立製作所(6501)
トヨタ自動車(7203)
三井物産(8031)
東京海上ホールディングス(8766)

●暗
セブン&アイ・ホールディングス(3382)
花王(4452)
村田製作所(6981)
任天堂(7974)
みずほフィナンシャルグループ(8411)
KDDI(9433)
ソフトバンクグループ(9984)

また、昨日の新値銘柄を一部確認します

★新高値
湖池屋(2226)
三菱自動車工業(7211)
丸紅(8002)
日本電気硝子(5214)
塩野義製薬(4507)
JMDC(4483)
NexTone(7094)

●新安値
京浜急行電鉄(9006)
ハウス食品グループ本社(2810)
テレビ朝日ホールディングス(9409)
帝人(3401)
アコム(8572)
エムスリー(2413)
キーコーヒー(2594)

【ご紹介銘柄】
日立製作所(6501)
東京海上ホールディングス(8766)
湖池屋(2226)
三菱自動車工業(7211)
日本電気硝子(5214)
塩野義製薬(4507)
JMDC(4483)
NexTone(7094)


━━━━━━━━━━━━━━
 私のコラムで紹介した銘柄
━━━━━━━━━━━━━━
◆ラキール(4074)[システム開発]
11/17の紹介からジワリと上昇中。
12月のIPOラッシュが意識される時期になりました。
上場から売られていた銘柄は資金が入りやすそうです。

━━━━━━━━━━━━━
 単発スポット銘柄の見解 
━━━━━━━━━━━━━
◆≪社長大石のダイヤモンドメソッド銘柄(****)≫
楽しみに待っていただいていた方、お待たせいたしました。
我らがボスの「大石やすし」が年に1度のバースデーイベントを開催中です。
今年は大石が自ら分析を済ませ、完全監修する【目標株価100倍】の銘柄を公開します。
成長余地が特大のため、軽く見積もっても【目標株価30倍】です。
これからの時代に商機が高まるであろう内容で、まずは短期で数倍の上昇から始まり、その後もぐんぐん上昇していくシナリオを見ています。
恐らく、この銘柄が内包するテーマを嫌いな方はいないと思いますよ。
大相場となってしまう前に、必ずお買付けを済ませてください。

なお、大石より詳細は全て聞いております。銘柄の詳細や取り組み期間など、ご相談がありましたら、私、藤井までお気軽にお電話ください。

今回はここまで、最後までお読み頂きありがとうございました。

執筆 まんもす藤井。

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック