株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 第011-1393

(一社) 人工知能学会:18801(公社)日本証券アナリスト協会:01159

あすなろ投資顧問

2024-07-10 15:45:00

アナリスト木村の銘柄研究部

市場はやはり業績上方修正を早めに織り込み始めそう

一部報道によると、自民党総裁選の投開票日について、9月20日とする日程案が自民党内で浮上している模様です。

岸田総裁の任期は9月30日までであり、自民党の規定では、議員投票は総裁の任期満了前10日以内と定められている事から、投開票日は9月20日~29日のいずれかの日で、かつ、国連総会への出席と重ならぬよう調整が求められる事から、9月20日説が濃厚となりつつあるようです。

日銀の9月の金融政策決定会合は9月19日~20日の予定であり、岸田総裁の任期ギリギリのタイミングでの利上げは想定し難く、加えて総裁選後の10月には解散総選挙が行われるでしょうから、10月の日銀利上げもタイミングとしては現実的では無いように思います。

昨日の当コラムでもご紹介したとおり、やはり7月利上げに向けて、政府主導で「環境整備」的な調整が進んでいるものと考える方が理にかなっている印象です。

あすなろの年末予想、『日経平均4万4千円/ドル円=1ドル155円』の信憑性も高まりつつあると考えており、その前の『サマーラリー』についても、企業の業績見通しの上方修正が、中間決算発表時よりも前倒しになる可能性が高まりつつあるように思います。

日経平均のEPS(加重平均ベース)はジワジワと上昇が続き、昨日の取引終了後時点では2395.17円と、過去3か月の高値水準に達しています。

上昇ペースが想定よりも速い事から、今週末のSQに向けてと来週は、スピード調整的な反動安局面もやむ無しと見ますが、今月終盤から来月上旬にかけての決算発表シーズンでは、「早めに」業績情報修正が行われる可能性を、既に市場は織り込み始めたものと見て宜しいでしょう。



執筆:木村泰章

━━━━━━━━━━━━━━
 個人的に注目している銘柄
━━━━━━━━━━━━━━
7月利上げを想定するのであれば、やはりメガバンク/地方銀行/生損保セクターの株価上昇はしばらく続くものと見ます。

━━━━━━━━━━━━━━
 私のコラムで紹介した銘柄
━━━━━━━━━━━━━━
◆日本甜菜製糖(2108)
昨年来高値を更新して2700円台へ。
今週中にも一旦利益確定を狙ってまいりましょう。
 5月2日のご紹介時からの高値騰落率39.26%。

◆荏原実業(6328)
 連日昨年来高値を更新。
個人の買いじゃないでしょ!
 機関投資家かGPIFか。。。
 6月11日のご紹介時からの高値騰落率34.69%。

◆ヒューマン(2415)
 10連騰の後1日休んで3連騰!
 出来高面の過熱感は無く、まだ上値追いが続くかもしれません。
 4月1日のご紹介時からの高値騰落率32.27%。

━━━━━━━━━━━━━
 単発スポット銘柄の見解
━━━━━━━━━━━━━
◆≪緊急即日公開銘柄2024[第7弾]≫
本日も高値を更新。
 今月中に第3利確ポイントも狙えそう。

◆≪木村泰章の天下一銘柄≫
 今週は●●●円どころの値固めに進むものとの見解に変更無し。
 株価の上昇基調は継続中と見ます。

◆≪木村泰章のプラチナメソッド銘柄【逆襲】≫
 明日、取引時間中に昨年7月の高値を上回る場面があれば一旦利確優先としましょう。
 その際にはあらためてメールでお知らせ申し上げます。


※現在、弊社が公開するコンテンツ情報および配信DMは、投資情報の提供(無料情報の公開およびお知らせ)であり、会員様との現在そして将来の投資助言契約を促すものではありません。ご意見はこちらまで。
https://questant.jp/q/GL9LA1K5?id=%%USER_ID%%

無料新着記事

記事一覧へ