株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

あすなろ投資顧問

2019-10-23 15:00:00

加藤あきらの投資戦略室

全体小動きの中であすなろ銘柄が躍動、さらに中小型株の戻りに期待

早速飛び出しました!本日公開の【ド短期・フラッシュバブリー銘柄】。

初動の大きさはそのまま大相場の波動の大きさに比例しますので、今後非常に楽しみです。

バリュエーション的にもまだまだ上値余地ありですので、仕込みが済んだ方は強気で見ていきたいですね。

一方でここから狙いたいのは【リアル・シークレット公開銘柄】。
下で解説していきますので、取り組み中の方は必ずチェックしておきましょう。

さて、昨日は即位礼正殿の儀で世界約180カ国の要人を来賓として迎え、天皇陛下が即位を宣言されました。
これで名実ともに即位式が行われ、日本が新たな時世を迎えたことが内外に広く知れ渡ることとなりました。

そんな祝賀ムードに包まれた日本とは対照的に剣悪なムードが漂っているのが英国のブレグジット不透明感です。

かのジョンソン英首相は議会がEU離脱期限の延期を決めるなら総選挙も辞さない構えを見せてきました。
為替の英ポンドの動きが激しいことこの上なく、市場の動きからも事態の混迷と不透明感が滲んでいることが分かります。
この分ですと2016年の国民投票が思い起こされますが、また選挙やるのかもしれないですね。

昨晩の米国市場では決算発表が徐々に佳境に入ってくる中、市場予想を下回ったトラベラーズ、マクドナルドがNYダウを押し下げて2銘柄で150ドル超の寄与度となりました。

やはり決算は怖いですね、悪材料が出ているボーイングは反発してその他も製造業中心にしっかりにも関わらず簡単に5~8%も下げてしまいました。
その辺の中小型株ならいざ知らず、マクドナルドなんかは世界的に誰もが知る1500億ドル企業ですよ。

まあ、NYダウはそれほど重要でもないのでいいとして、ナスダックつまりハイテク株が売られました。

私は米国のSOX(半導体株指数)の動きは非常に注目しているのですが、ツイッターやフェイスブックといったSNS系の株が一斉に売られたことに違和感を覚えました。

その点、アップルは2020年iPhoneについて5G対応のアンテナ線に新素材を採用するといった今後の銘柄選びのヒントとなりそうなニュースも出つつ、しっかりとした動きとなっている点にコントラストを感じます。

すなわち、半導体と言っても製造系ではなくソフトウェアの方が売られたわけですので、製造装置関連は堅調さを持続するとみてよいでしょう。
強いて言えば、東京エレクトロン(8035)にはやや売り物が多く出ていたようですので2~3日様子見したいですね。
つまり、ここから先は大型株から中小型株へと資金が降りてくるチャンス。中小型株の半導体関連には注目ですよ。とくに下で解説している『あすなろスコープ銘柄〈10/15号〉』なんかは特に。

あとは、とりたてて言う程の事でもないのかもしれませんが、9月の中古住宅販売が予想を下回って落ち込んだことが挙げられます。
さほど市場の話題にものぼりませんでしたが、マクドナルドの売られ方にみられるように米国は個人消費の動向はマクロ材料として監視を怠ることはできません。
年末相場に向かうスタンスを探る上でも、この指標の動向は来月もとくに注意深くおさえておく必要があるかもしれません。一応頭に入れておきましょう。

今日のところでは上記アップルのiPhoneがらみの話題もヒントにしつつ、セラミックに強い京セラ(6971)やニッカトー(5367)、あとは上値が軽そうな日本カーバイド(4064)などに注目してみました。

さらに、幅広くセンサーを手掛けているSEMITEC(6626)も出遅れ株としても非常に妙味がありそうです。

値がさが好きな方はMARUWA(5344)の押し目狙いでもよいかと思います。

まだどうなるか分かりませんが、昨日休みの間に米中の貿易問題における12月の追加関税発動を見送るかもしれないといったニュースもありました。
とにかく景気敏感株を中心としながら、循環物色の波をうまく捉えていくことが今回の上昇局面で利益を積み上げていくコツだと考えています。
そのへんに関しては、昨日の『加藤あきらの株座談会』(三冠王銘柄のご参加者の特典)でもお話させていただきましたので、残念ながらご参加いただけなかった会員様には来週にでも内容をまとめてフィードバックさせていただきたいと思います。

どうやら今日は中小型株にも出遅れ修正の動きが目立ってきていますので、個人投資家の動きが良くなってくることにも期待しています。


≪加藤コラム内でご紹介の銘柄≫
◆三桜工業(6584)[自動車部品]
再びの年初来高値を更新。
ご紹介時より株価1.8倍の上昇。
過熱感ない中でサラッと上値をとる様は、
まだ天井感じさせない。強気継続。

◆東芝(6502)[半導体]
危なげない動きで東証2部指数を引っ張る。
やはり注目は半導体、そしてメモリの技術力。
そういえば、年内の東芝メモリのIPO観測もあったが、
結局断念したのは残念だった。本体は押し目狙いが◎。

◆アスコット(3264)[不動産]
今日も買い継続で視界良好。
全体小動きで小資金で値が動く小型株物色か。
チャートも好形のため、まだまだ引っ張りたい。

◆ニチリン(5184)[自動車部品]
9月末に75日線突破してご紹介してから、
何気に気にかけている銘柄。
次はいよいよ200日線トライ。
バリュエーションでは上値余地十分とみるが、
出来高は減少傾向にあるため突破は難しいか。

≪ポイント利用でご紹介の銘柄≫
■あすなろスコープ銘柄〈10/15号〉(****)[半導体]
先日のストップ高に続いてまさか本日も…
と思わせる異次元の強さ。
ここから押し目買いするのも腰が引けるが、
とにかく持ち株をガッチリとホールド。

≪あすなろ単発スポット銘柄の動向≫
★加藤あきらのビッグマネー銘柄(****)
先週の下ヒゲ陽線はやはり上昇シグナルだった模様。
戻り売りも相応だが、底が入ったなら関係なし。
もちろん次の目標は『第3利確ポイント』の3000円。
先日買いを見送った方は5日線狙いで。

★リアル・シークレット公開銘柄(****)
これは驚いた!
節目ブレイク前のチャンス!!
ついこの前公開したばかりだが、
私には早くも『第3利確ポイント』が視界に。

★ゴールデン・スパーク銘柄(****)
やはり今日も続伸…と思いきや、
ストップ高まで一直線。
この短期間で株価2.6倍は驚き!!
気が早いかもしれないが、当然明日に期待。
ストップ高なら株価3.1倍に…と妄想ばかり膨らんでしまう。

★大口サードアイ銘柄(****)
当たり前のように本日も高値更新。
それはそうですよね、成長テーマど本命株ですから。
くり返しで恐縮ですが、決算発表が近づく中で、
確信強めたファンド勢が強気買いかも。

★大金運ますかけ銘柄(****)
やはり一旦始まった相場は簡単には終わらない。
本日も年初来高値更新。
公開後のパフォーマンスは株価1.6倍でまもなく
『第3利確ポイント』が視野に入ってくる。
利食いをいかに我慢して引っ張れるか、
投資家として器が問われるところ。

★あすなろプラチナム権利銘柄(****)
やっぱり高値更新してきました!
時価総額もそれなりの規模感ながら、
『第3利確ポイント』到達早かったですね。
ホルダーは残すところあと最終目標だけ。
利食いもしっかりと行いつつ、残り分で
最終目標達成を見届けよう。

★****権利銘柄(****)
来週10/30(水)公開予定の期待株。
気になる詳細は順次公開予定。
取り急ぎまずは下記より詳細確認どうぞ。

※【****権利銘柄】とは?サイト内特設ページでご確認いただけます※

▼【加藤あきらの投資戦略室バックナンバー】▼
※詳細はコチラをクリック※


【 相 場 の 格 言 】
『相場で傷を負いたくなかったら、
“事実”、“現実”、“理論”から1ミリたりとも離れないことだ。』
(ジェシー・リバモア)

それでは明日も希望をつないで慎重にかつ大胆に取り組んでまいりましょう。

【本日ご紹介した銘柄】
京セラ(6971)
ニッカトー(5367)
日本カーバイド(4064)
SEMITEC(6626)
MARUWA(5344)

執筆者:加藤あきら

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック