株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801

あすなろ投資顧問

2019-12-10 07:00:00

本日の厳選株

極端に売り込まれた割安株の見直し買いで勝機を掴む

トピー工業(7231)

自動車・建機用ホイールが主力の企業で、電炉で鉄鋼生産するなど一貫成形に強みを持つ。建機の足回り部品や発電事業も手掛ける。新日鉄住金が筆頭株主。同社は昨年2月にリンテックスを連結化し、5月には旭テックを買収している。

ATCホールディングスの完全子会社化でアルミホイールの海外供給体制を整備しており、生産技術などでもシナジーを追求。さらに、グローバル最適生産体制を構築するため、新たな生産・販売拠点の開設や、アライアンスパートナーとの事業展開を推進。インドネシア、メキシコへの進出により、グローバル最適生産体制はさらに強化されている。

同社では新事業分野として「ロボット開発」、「合成マイカ・パールマイカ」を展開している。ロボット開発事業では、確実な不整地走破性を兼ね備えた高強度、超軽量、同社オリジナルのクローラベルトを提供しており、同社の強みが窺える。

株価は昨年10月以降は下落トレンドで夏場に1719円まで売り込まれる場面がみられた。足元での中間期業績は増収確保も利益面は経常半減と本格的な回復には至っていないものの、業績下方修正と減配発表で概ね悪材料は出尽くした格好。日柄調整に1か月以上を費やしたことで下値をある程度固めてきているとみられ、ここからは200日移動平均線の突破および新たな中期経営計画の下での戦略製品の無人搬送車など収益基盤の広がりに期待がかかる。

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック