株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801

あすなろ投資顧問

2019-12-25 14:00:00

加藤あきらの投資戦略室

グレートまんもす銘柄が上値抵抗を突破、加藤コラムイチ押しのサムコ(6387)もストップ高に!

サムコ(6387)まで成層圏に飛んで行きましたね!
当コラムでも折にふれて全力応援してきた銘柄ですので、これは素晴らしい上昇劇になりました。

某証券会社のレポートでは新規で目標株価2600円とかなりの値幅を見込んでいるようですね。
これによれば、化合物を主体材料とした化合物半導体製造装置、とりわけエッチング装置やCVD 装置、洗浄装置が類似競合企業が少なく、技術優位性があることを指摘しています。

出ましたね、エッチング装置!

【大口サードアイ銘柄】ですよ!ご参加された皆さま方。
この年末手仕舞い売りの調整局面は押し目買い好機となりそうですね。

さらに、「5G」時代には高周波デバイスや化合物半導体が大量に使用されることから・・・となっていますが、いま一度推奨時のレポートを読み返していただければ、より実感が湧いてくることでしょう。

単発スポット銘柄もちょうど昨日コメントした【あすなろプラチナム権利銘柄】が大幅高してくれて、推奨からの株価は2.5倍!こうなってくると大きく成長してきたなという実感も得られますよね。

弊社で銘柄相談を受け付けていてよく思うのですが、いつ売ったらよいか、早く損切りした方がよいかというお問い合わせも多くくるのですが、私は「なんでそんなに売りたいの?」と純粋に疑問に思ってしまいます。

もちろん、売り時は非常に難しいのでお問い合わせいただくのも理解できますが、それにしても、まだ買ったばかりの銘柄を大した値幅も出ていないのに売りたくなるというのはどういう心境なんだろう?とよく思います。

だいたいは「何に期待してお買い付けされたものなのか?」を聞いた上でお答えさせていただきますが、おそらく簡単に売りたくなる銘柄というのは、そもそも欲しくもない株を買っているのでは?と勘繰ってしまいます。

やはり、上記のように大きく成長が感じられる株を買って儲けたいというのであれば、それなりに買う理由、投資すべき理由などを明確にしておかないと、大きな値幅がでるまで保有しきれないのではないかと思います。

さて、海外勢がクリスマス休暇で事実上お休みの相場と言ってよいかもしれませんが、日本色材(4920)やエヌ・ピー・シー(6255)など、最近の株価動向に注目していた銘柄などには資金が集まっているみたいですね。

しかし全体を通してみれば相変わらず物色の軸が無いと言いますか、業種別に見るとむしろ医薬品などのディフェンシブ系が上位にきている始末です。

昨晩の米国市場でも短縮取引でほとんど値動きに乏しく、内需・ディフェンシブ系が値上がりでした。

いちおう主要3指数ではナスダックだけプラスで、日本株と同じように年末のポジション調整や利益確定売りが出やすい地合いの中でもハイテク株は案外しっかりだったとみてよいかと思います。

昨日も書いたように、本日はクリスマスでマーケットの重要変化日にあたりますが、とくに大きな変化はみられておりません。今のところ。

何やら北朝鮮がクリスマスプレゼントでミサイル発射することをほのめかしていましたが、何事も無く結果としてよかったと思います。

昨年とは打って変わって平穏なクリスマスを迎えることができて本当によかったとしみじみ感じています。

おそらくクリスマスを過ぎるともう来年の話になってくるのかと思いますが、どうやら市場関係者は来年の日経平均を25000円くらいと予想している方が多いようです。

マーケットの予想なんてしても意味が無いと考える私としても、これではあまりに拍子抜けだと思います。

本当に市場に詳しい専門家であれば、四季報の増益率ベースに近い24000円⇒25000円(+4.1%)なんて予想ではなくもう少し大胆に27000円とか30000円とかが出てきてもよさそうなものですが、やはり昨年のトラウマを引きずっていらっしゃるのかもしれませんね。

おそらく大半の投資家がネガティブ思考に囚われていることを表しているのかもしれないですが、相場というのは考えた通りになることはありません。

それは必ず行き過ぎるものですので、上昇相場でかつバブルが生みだされているのであれば尚更行き着くところまで行ってしまうものです。

繰り返しお伝えしていることですが、私たちはその≪発射地点≫となるポイントだけを見逃さないようにしておくだけで、来年のパフォーマンスを大きく伸ばすことができるのではないかと考えています。

気が早いかもしれませんが、あすなろが野暮ったい年末ムードを無視して来年を見越した【ブリリアントテンバガー銘柄】を募集しているのは来年の相場に向けた期待感の表れです。


≪加藤コラム内でご紹介の銘柄≫
◆サムコ(6387)[半導体]
11/18ご紹介から株価は47%UP!
本日はアナリストレポートがきっかけで大きく買われ、
そのままストップ高に!!やっぱりエッチング装置。

◆エヌ・ピー・シー(6255)[機械]
9/3ご紹介から株価は50%UPで1.5倍を達成!
出来高急増で上ヒゲは警戒も、需給的にまだまだ狙えそう。
環境問題意識が高まる流れを侮ってはいけない。

◆高田工業所(1966)[建設]
12/6ご紹介から株価は60%UPでなんと1.6倍に!
13日からは9営業日連続で年初来高値を更新中。
出来高急増で物色意欲が高まっているのは四季報〈新刊〉材料視か。

◆ハーモニック・ドライブ・システムズ(6324)[機械]
9/4ご紹介から株価は20%UP!
夏場明けの当時は上昇に懐疑的だったがしっかりと上昇。
足元での反落から切り返して再び上値を目指す展開に。

◆エーアンドエーマテリアル(5391)[ガラス・土石]
10/30ご紹介から株価は34%UP!
金属市況の改善も相まって上昇に陰りは見られず。
これはインフレにつながる可能性も考慮する必要が出てきた…!?

◆日本精線(5659)[鉄鋼]
10/29ご紹介から株価は20%UP!
こちらからも資源価格の上昇が感じ取れる。
製造業の需要増がじわじわと素材にも波及し始めてきている。

◆デイトナ(7228)[輸送用機器]
8/7ご紹介から株価は60%UPし年初来高値を更新!
製造業が苦戦する中で商社・小売機能の側面が強い。
業績は過去最高益更新見込みであることを背景に、
ご紹介から一貫して右肩上がりの美脚チャート。

≪あすなろ単発スポット銘柄の動向≫
★あすなろプラチナム権利銘柄(****)
本日は約1ヵ月ぶりに年初来高値を更新。
トータル上昇率は2.5倍を超え!
次第に大物の風格が漂ってきた。

★大抽選わくわく大当り銘柄【5倍銘柄賞】(****)
こちらも年初来高値更新で『第2利確ポイント』を突破。
昨日のストップ高に続いて本日も高値更新。
徐々に『第3利確ポイント』到達への期待感が高まってきた。

★グレートまんもす銘柄(****)
アナリストレポートで新規レーティング開始。
材料きっかけで上値抵抗ラインを突破。
次回決算までにどこまで上値を伸ばせるか要注目!

★トップ・オブ・チャーティスト加藤銘柄(****)
再び高値更新で株価約8倍を達成!
半導体関連としての物色を中心に上値伸ばしたが、
業績・成長性を評価する動きも加わっているかも!?

★大金運ますかけ銘柄(****)
年末の年の瀬で『第3利確ポイント』を突破!
できるだけ利益を引っ張りたいため利食いは我慢。。。
結局のところ投資はガマンが必要。大金運銘柄の真髄はここにあり!

★裏道王道銘柄(****)
推奨からとうとう“テンバガー”を達成!!
株価は分割をはさんで上昇率は909.78%に!
年初からの上昇率も4.5倍を超えて見事殿堂入り。

★レイワサムライ銘柄(****)
5G関連株ブームの中で着実に高値更新!
見事『第2利確ポイント』を突破だがまだまだ続伸に期待。
時価総額大きめだが堅調な値動きが魅力。

★【ブリリアントテンバガー銘柄】(****)
テンバガー銘柄を輩出した実績を有するあすなろが
次のテンバガー候補として全面解禁する期待株。
大相場につながる予兆を察知して堂々のテンバガー候補宣言。
『加藤あきらの2020年相場展望レポート』もご参加特典♪

※【ブリリアントテンバガー銘柄】とは?サイト内特設ページでご確認いただけます※

▼【加藤あきらの投資戦略室バックナンバー】▼
※詳細はコチラをクリック※

【 相 場 の 格 言 】
『人が冷静さを失っているとき、あなたが冷静さを失わなければ、
 あなたは富を築くことができる。』
(マーク・リッチー)

それでは明日も希望をつないで慎重にかつ大胆に取り組んでまいりましょう。


執筆者:加藤あきら

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック