株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

あすなろ投資顧問

2020-02-19 11:30:00

後場の注目株

医療強化の独自事業が魅力的で現代社会において存在価値の大きい株

アンビスホールディングス(7071)
慢性期・終末期の看護ケアに特化した医療施設型ホスピスを展開している。介護老人保健施設や一般的な老人ホームとは一線を画しており、病院に匹敵する看護体制を提供しているのが特徴。1Q決算は難なく通過し、独自事業も魅力的で買い目線。先日は株式分割を発表するも地合いに連れ安して反応は限定的となったが、トレンドは継続で押し目は狙いと見る。

ロゼッタ(6182)
多言語に対応した自動翻訳機を医療、法務、金融の3分野を中心に幅広い業種に提供している。東京五輪で多くの外国人来訪者が見込まれる中、病院や自治体などからの引き合いが増加している模様。今回の新型ウィルスの感染拡大が長引くとなると、外国人患者への対応などに備えるべく企業への導入が想定され、同社への恩恵はさらに高まる可能性がある。チャートは下値模索で3000~3500円処の下値サポートが期待される価格帯に突入。足元業績も好調なことからリバウンドは近いと見る。

アクリート(4395)
国内最大級のSMS配信代行サービスを手掛ける同社はドコモ、au、ソフトバンクの主要3キャリアに対応した「+メッセージ」配信サービスを開始。これにより送信側は送信先のリッチテキストなどの利用状況を事前に把握する必要がなくなり、企業にとっては利便性が高い。足元業績も好調で6期連続の最高益見込み、現状は売られる材料もなく下値が堅固な株。

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック