株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801

あすなろ投資顧問

2020-07-07 11:30:00

後場の注目株

出来高を膨らませ抵抗帯を突破するチャート好形銘柄

一蔵(6186)
和装・呉服の販売・レンタル事業。横浜市が来年1月の成人式をオンライン形式で行う方針と決めたことで思惑買いが入っている。成人式の中止が懸念されているが、今回の横浜市の取り組みを筆頭に他の地域でも「オンライン成人式」が一般化すれば、和装事業や成人式での写真撮影を手がけている同社にとっては追い風となろう。前場段階では出来高を膨らませる形で一目均衡の抵抗帯から頭をのぞかせており、調整を交えながらも雲抜けし買いサイン点灯の可能性が出ている。

KIMOTO(7908)
特殊フィルムメーカー。タッチパネル用のハードコートフィルムや飛散防止フィルム、ガラスフィルムなど幅広く生産している。直近業績は冴えないものの新型コロナウイルスの飛沫防止関連として見られる銘柄。チャートは日足200日線を抜けたため資金が入りやすい状況にある。

アドバネクス(5998)
精密ばねで業界をリード。昨日引け後に発表した20年3月期決算では経常利益は前期比2.7倍の1億8700万円に急拡大し、計画の9000万円を上振れて着地した。これを受けて株価は急騰しておりボックス相場の上限付近1400円にタッチ。案の定売り物が増加し上昇減速しているが、売り物をこなして上放れするタイミングとして監視しておきたい。

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック