株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801

あすなろ投資顧問

2020-08-12 11:30:00

後場の注目株

大株主の存在と追い風テーマ内包で注目しておきたい銘柄など

関通(9326)
ECサイトの受注管理業務や配送センター代行業務を手掛ける。楽天(4755)のパートナー企業で安定感あり。巣ごもりによりニーズが高まっている冷凍冷蔵倉庫の拡張への投資で事業拡大に努めていることや、物流ロボット「シリウス」の導入で倉庫効率化を図るなど積極的な事業展開が好感される。3月のコロナショック時に上場したばかりだが、「新しい生活様式」にマッチしたテーマ性のある銘柄で上場のタイミングはバッチリであった。今後の成長に期待して押し目形成の中では狙いたい銘柄だ。

エフオン(9514)
省エネ支援やバイオマス発電を展開。世界的に低炭素化社会の実現に関心が向き、同社も小売電気事業の再開を決定。事業再開により収益増加期待が発生し、再生可能エネルギー関連として注目が向く。次期大統領候補バイデン氏が「クリーンエネルギー革命」を掲げ環境インフラ政策を発表していることも追い風となる。また、大株主に光通信の存在があり直近で株式保有量を増やしているため何かと株価を刺激しそうだ。

モダリス(4883)
ノーベル賞候補にも挙がるゲノム編集技術を持ち、遺伝子疾患治療薬を研究開発するバイオベンチャー。遺伝子治療領域でアステラス製薬など様々な製薬会社から引き合いがあり、今後は海外製薬会社との提携増加が増加する見込み。世界最先端技術であることから海外投資家も好む銘柄と言える。8/3に上場したばかりだが相場が軟調な局面ではこういったIPO株が狙われやすい。高値掴みには注意し機敏な対応で見ていきたい銘柄だ。大株主に富士フィルムの存在があり協業予定とのこと。さらにカリスマ個人投資家として有名な人物の名もあり思惑を誘いそうだ。

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック