株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801

あすなろ投資顧問

2020-09-18 11:30:00

後場の注目株

200日線がサポートラインの踏み上げ期待株

千趣会(8165)
知名度のあるカタログ・ネット通販「ベルメゾン」を展開する大手。今週はJR東日本(9020)と資本業務提携を発表。JR東日本が第三者割当増資を引き受け約20億円出資し筆頭株主となる。両社のEC事業強化や商品の共同開発、会員基盤の強化などを図りネット通販事業の拡大を目的としたもの。JR東日本のSuicaとの絡みによるポイント強化や還元などの施策を打ち出していけば同社売上も盛り上がりそうだ。チャートは昨日のストップ高から本日前場は調整模様だがここからは200日線が下値サポートラインとなりそうだ。需給妙味良好で踏み上げ期待も。

Casa(7196)
家賃債務保証の大手。今週は大阪府泉大津市と市営住宅への家賃保証サービスの提供を開始した。 市営住宅への入居を促進し泉大津市民の居住生活の安定に寄与することを目的としたもので、こうしたサービスは今後も他県や他地域に広がりそうだ。主力の「家主ダイレクト」は連帯保証人を立てる旧来の方式から家賃保証サービスの浸透加速で需要が増加している。新型コロナの影響で企業の人事異動なども減少し引越し需要が減少したが、徐々に落ち着きを取り戻した現状は再び引越し手続きが盛んになる事が想定され注目しておきたい。

アレンザホールディングス(3546)
福島県に強いホームセンターやペット事業を展開。巣ごもり需要などでDIY用品や園芸、インテリア、ペットなどの売り上げが好調だったため上期の経常利益を2.2倍上方修正。併せて配当10円増額も発表し株価を刺激している。チャートは窓を開けて急伸するも4連休を控えた利確売りが旺盛で前場は陰線を引いている。来週以降は再び業績実態を好感した買いで盛り上がりそうだ。

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック