株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801 (公社)日本証券アナリスト協会

あすなろ投資顧問

2020-10-01 11:15:00

加藤あきらの投資戦略室

証券取引所が10年閉鎖??あなたは今のポートフォリオで後悔しない投資ができているか?

本日は東京証券取引所のシステム障害で売買停止に加えて、中国も国慶節で本日から8日まで休場ですので、投資家は開店休業状態ですね。

また、本日からは政府の「GoToトラベル」に東京都も加わって、日頃の相場のストレスから一旦離れて頭を整理する時間として有効利用したいものです。

なかなかお目にかかれない機会なので、かの有名なウォーレン・バフェット氏の名言をご紹介しておきます。

「たとえ証券取引所が10年間閉鎖されることがあっても、喜んで持ち続けたい銘柄だけを買いなさい」(byウォーレン・バフェット)

ちょうど昨晩の米国時間では米追加経済対策をめぐり、米民主党のペロシ下院議長は2.2兆ドルの財政案採決を見送って、ムニューシン財務長官との協議を続けてることとなりました。

この点はポジティブな話ですが、この協議がとりわけ重要な意味を持つようになってきており、今は相場環境としてもこれが決まるまで急いで売買しなければならない理由は見当たりませんので、悠然と復旧を待つといたしましょう。

ところで、先ほどの10年喜んで待ち続けられる銘柄、皆さんは何か候補がすぐ思い浮かびますか?

ただでさえ今の世の中、気候変動の問題であったり、食糧危機、大地震・巨大台風・山火事など自然災害、はたまたウイルス大流行などとことんカオスな状況下で、10年後の未来を描いて投資するのはなかなか難しいことですね。

しかし、日本には10年と言わず100年を超える歴史を持つ企業が多くありますし、株で見ても数十年来の買い場になりそうなバリュー株が転がっています。

この機会に長期で期待できるお宝株さがしなども面白いでしょう。

見分けるポイントは時代が変わっても社会に必要とされる技術、文化があり、そしてガバナンスがしっかりとしている企業であることが求められるのでしょう。

本日は企業の歴史を紐解きながら、かつて国有企業だった銘柄に注目してみたいと思います。

ざっと思いつくだけでも10数社あるかと思いますが、身近なところでは直近で大型TOBを発表したNTT(9432)、そしてJR東日本(9020)やJT(2914)、あとは第一国立銀行すなわち現在のみずほ銀行(8411)などが挙げられるかと思います。

これらはちょっと現代では苦戦が目立っているところですが、他にも日本製鉄(5401)、DOWAホールディングス(5714)、IHI(7013)なども旧国営で、SUBALU(7270)やJSR(4185)などもそうみたいです。

国際石油開発帝石(1605)や日本通運(9062)、さらには太平洋セメント(5233)や大日本住友製薬(4506)なども該当してきます。

ちょうど菅新政権発足でデジタル化社会の発展を目指していくところに、東証のシステム障害の話は何やら出足からつまづいた感じですが、こんな機会にこそ国の根幹を成す企業に注目しておくべきかと思います。


≪加藤コラム内でご紹介の銘柄≫
◆ダイフク(6383)[機械]
5/20ご紹介から31%上昇、機械株の躍進が目立つ今日この頃。
途中休憩をはさんで年初来高値更新へ。
チャートは再びパーフェクトオーダー完成か。

≪あすなろ単発スポット銘柄の動向≫
★まんもす藤井。のラストサムライ銘柄(****)
銘柄公開からあれよあれよと利確ポイント到達。
短期で利食いした資金は一旦休ませて次の銘柄へ。
中長期で大化け期待の玉は強気継続。

【 相 場 の 格 言 】
『悲観の極みは最高の買い時であり 、楽観の極みは最高の売り時である』
(ジョン・テンプルトン)

それでは明日も希望をつないで慎重にかつ大胆に取り組んでまいりましょう。

【本日ご紹介した銘柄】
日本電信電話(9432)
東日本旅客鉄道(9020)
日本たばこ産業(2914)
みずほFG(8411)
日本製鉄(5401)
DOWAホールディングス(5714)
IHI(7013)
SUBALU(7270)
JSR(4185)
国際石油開発帝石(1605)
日本通運(9062)
太平洋セメント(5233)
大日本住友製薬(4506)

執筆者:加藤あきら

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック