株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801 (公社)日本証券アナリスト協会

あすなろ投資顧問

2020-10-28 14:30:00

加藤あきらの投資戦略室

為替の円高進行、月末のファンドリバランス売りで買い場到来中

昨晩の米国市場でも新型コロナ感染の増加と追加経済対策不成立のからみで売られたとされていますが、今はちょうど月末でファンドがリバランス売りを出してくるところです。

為替の円高も下値を掘り下げてきており、とくにユーロ円はまた123円を切れてきましたので、買い場到来といったところかと思います。

ちょっと嫌な話が米追加経済対策をめぐる協議で、共和党のマコネル氏が11/9まで協議を中止にする方針というのが伝わっていますので、それまでは上昇期待が膨らみづらいという感じですね。

ちょうど日本市場は決算シーズンですので、個別株のゲリラ戦になるのだと思いますが、状況としては夏場の7月~8月と似た感じとみておけばよいかと思います。

夏場の7月末も為替の円高となり、あの時は米長期金利が低下して安値をつけるとともにリスクオフと言われましたが、実態は単なるファンドのリバランス売りで売り物がかさんだだけで、お盆明けには上昇転換しました。

8月お盆明けは1Q決算を好業績で通過したハイテク株、テーマ株などが中心となって買われ、とくにその後のマザーズ銘柄は大きく上値を伸ばしていくこととなりました。

今回の決算明けはバリュー株、グロース株どちらが優勢になるかは金利動向次第と言えるかもしれませんが、この肝心の米長期金利に関わるのが米追加経済対策のゆくえであり、もし決まれば金利上昇を後押しすることになるでしょう。

そうした展開になった場合に備えてポートフォリオの見直しを進めること、あとは景気敏感株も順次加えていきましょうというところですが、とくにバリュー株は7月の動きを思い返せばちょうど今週末が底値形成になる可能性は高いと思います。

本日は鉄鋼セクターが値下がり業種に食い込んできましたが、急速に軟化してきたところは突っ込み買いで対応、日本製鉄(5401)は10月初めに1000円割れで取り上げましたので、他を見ておきましょう。

まず神戸製鋼所(5406)ですが決算発表は11/5予定、発表日の前後でエントリーを分けていきたいですね。さらにJFEホールディングス(5411)、こちらは11/9に決算発表が予定されています。

次に昨日決算発表で下方修正を発表して売られた日立金属(5486)、決算売りで需給が悪化した分まだ数日間は売り物を警戒しておく必要があるかと思いますが、押し目買いのチャンスであることは覚えておきたいですね。

あとはちょっと注目しておきたいのが今朝の日経新聞で取り上げられた丸紅(8002)と日揮HD(1963)が中国の化学プラントで発生する水素の活用で調査を始めるという話で、これはNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)からの受託を受けてとのことですが、後々大きな話になっていきそうです。

丸紅なんかの商社株は以前ウォーレン・バフェット氏の日本株投資が話題となった時に水準を一気に切り上げましたが、足元ではこの2ヶ月間ジリ安の展開となっています。これら商社株も来年に入ってから投資妙味は増してくるんじゃないかと思います。

いろいろ銘柄によって上昇開始のタイミングや上昇ペースなどはまちまちかと思いますが、ちょうどあすなろでは『短期3倍×長期8倍』というように時間軸を分けながら仕込みを考えたい2銘柄を【ゴールドブースター銘柄】としてセット推奨する企画が走っています。

普段の投資スタンスによって好みが分かれるですが、目先の決算が急動意のきっかけとなる銘柄は多く目につくようになるんじゃないかと思います。

米大統領選のゆくえが気になる方も多いかと思いますが、関心の元をたどれば今後のマーケットが上昇するのか下落するのかを考えたいということだと思いますので、そんな方のために本日動画解説を撮り下ろしましたので、ぜひご覧ください。


≪加藤コラム内でご紹介の銘柄≫
◆岩谷産業(8088)[卸売]
7/22ご紹介から30%上昇。
にわかに水素エネルギー活用に注目が集まる中で上値試す動き。
出来高を伴った上昇を見せつつ、次回11/9決算前には利食いも。

≪あすなろ単発スポット銘柄の動向≫
★加藤あきらのゴールドメソッド銘柄‐PREMIUM‐(****)
銘柄公開から15%上昇、まだまだ仕込み可の水準。
足元では市場全体の調整から利益確定売りも出始めているが問題なし。
決算前の取り組みに迷うが、3分の2投資金でなら持ち越し可。

【 相 場 の 格 言 】
『悲観の極みは最高の買い時であり 、楽観の極みは最高の売り時である』
(ジョン・テンプルトン)

それでは明日も希望をつないで慎重にかつ大胆に取り組んでまいりましょう。

【本日ご紹介した銘柄】
神戸製鋼所(5406)
JFEホールディングス(5411)
日立金属(5486)
丸紅(8002)
日揮HD(1963)

執筆者:加藤あきら

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック