株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801

あすなろ投資顧問

2016-03-07 08:45:00

社長の二言目

社長の二言目「ビットコイン関連でビビッとくる」


先日、流行りのBitcoin関連銘柄に参加してみました。
しかしさすがに動きが速いですね〜。
入った瞬間に大量売りがはいったようで7%ほど一気に下げ
このままS安まで直滑降かと思えば
大引け手前で前日比プラ10%まで駆け上がる。
コレ 一言で申し上げますと

「楽しい・・・」
ただ会員様に推奨するのは危険ですね。。。

弊社では推奨銘柄分析の一環として
役職員の自己売買を許可しています。
(利益相反の審議は毎週木曜日定例会議で行っています。ご安心ください。)
投資家じゃない人間が、一体何を投資家へ助言できるのか?
現場の感覚を忘れないでほしい。
私の社員への気持ちです。

では、せっかくなので
仮想通貨関連銘柄をまとめておきましょう。
(まとめであって推奨ではございません。ご注意を)

「8732」マネーパートナーズグループ
かなり動きの激しい流行りものって印象ですね。ビットコイン取引所を運営しているPayward社と業務提携を行うと発表も出ており、ホームページではレート表示もしているど真ん中のビットコイン関連銘柄。

「3914」ジグソー
仮想通貨だけでなく次世代テクノロジー系のテーマにいくつも関連している。
資本及び業務提携先がビットコインを利用した不動産販売を日本で開始するな
ど、成長性も伸びしろが有り余るビットコイン関連銘柄。

「3691」リアルワールド
ご存知ポイントサイト「げん玉」運営会社。サイト内ポイントとビットコインの
交換に関して、BitFlyer社と業務提携するという材料が発表されているので、ビ
ットコインの価値変動は直接的な影響を受けることがあるという意味でも正統派
ビットコイン関連銘柄。

「6172」メタップス
オンライン決済サービス「SPIKE」運営会社。
またSPIKEコインといったプリペイド型の電子マネーに近い仮想通貨を取り
扱っています。このSPIKEのプラットフォームを生かして、M&A仲介サー
ビスに参入する等今後の展開に期待。

「2315」SJI
仮想通貨が広まり、それらと繋がるブロックチェーン、そしてフィンテックと、きっても切れない関係ということから、SJIは仮想通貨関連として注目されそう
だ。1月12日にはブロックチェーンの雄であるテックビューロ社との協業開始と
いう大きな材料発表も行っており、仮想通貨の流通量増加に伴い、SJIも要目。

「3807」フィスコ
2月24日にビットコインのマーケット動向に特化した情報配信を開始するという
発表が出た。将来的には、ビットコイン以外にもリップル等の仮想通貨に関する
情報発信も行うようだ。仮想通貨マーケットに関する情報が少ない国内におい
て、当然この分野の開拓者としての存在感は唯一無二となる可能性がある。

「3769」GMOペイメントゲートウェイ
GMOペイメントゲートウェイは、どこよりも早くビットコイン決済サービスを
導入していた。支払い方法が「振り込み、代引き、クレジット決済、ビットコイ
ン決済」となる日が見えていたのだろう。先見性含めて期待の会社。

「3696」セレス
金融庁による「モノから通貨へ」の発表の影響を、株価にダイレクトに反映させ
ている銘柄だ。リアルワールドと同じく、運営しているポイントサイトのポイン
トをビットコインと交換できるサービスの開発など、仮想通貨の繁栄と共に企業
成長が期待できるビットコイン関連銘柄。

「8508」Jトラスト
ビットコイン関連事業の会社をシンガポールに設立する企業。まだ注目すべき材
料等は出ていないがジワジワあげている。

「3688」VOYAGE GROUP
説明不要。BitFlyerと提携しているど真ん中ビットコイン関連銘柄。


仮想通貨は世界で200以上存在します。
桁外れのビットコイン長者が登場したり、
ビットコイン300億円分の強盗による取扱所の破綻
などのニュースで近年注目され始めていました。
2ch発祥の仮想通貨「モナコイン」も今となっては懐かしいですね。

仮想通貨はネット上で眠っているものを探すことを「発掘」
とか言ったりしますが、
まだまだ知られていない関連銘柄があるかもしれません。
発掘できれば一つ大きな山を作れるかもしれませんね。

何れにしても山あれば谷あり、楽あれば苦あり。
プラスとマイナスで0になりますから注意して売買していきましょう。


執筆:大石


*幅広く会員様に楽しんで頂くことを目的とした読み物コンテンツのため、専門用語をなるべく省き、助言的発言を控えさせていただいております。ご了承の上お楽しみください。また、推奨銘柄付きの専門的なコラムはイオスコポイントでお楽しみいただける「加藤の鷹の目」を併せてご利用ください。詳細はサイト上段帯 左端の「最新情報」をごらんください。

[投資顧問契約に係るリスクについて]
ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さいませ。情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。 信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック