株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801 (公社)日本証券アナリスト協会

あすなろ投資顧問

2016-04-13 12:00:00

社長の二言目

コラム「 社 長 の 二 言 目 」vol.18 〜民泊はグレーから白になる?〜

コラム「 社 長 の 二 言 目 」vol.18
〜民泊はグレーから白になる?〜


去年くらいに初めてこんな記事をみました。
「airbnbを使った新ビジネスを教えます。」
掲載されていたサイトは「タイムチケット」という
誰でも自分の時間を販売できるというサイト。(そもそもこのサイト自体が面白い)
で「airbnbってなんだろう?」
って事で調べたら民泊マッチングサイトだったって事で初認識。

その頃すでに個人レベルで成功者が出ているような状況だったので
これは大資本が動き出し、お国も頷く時はそう遠くないな。
という印象でしたが、想定よりも早かったかな?

私の周りでも、出張時のホテルの手配をairbnbでするっていう方が増えてます。

民泊関連と言えば幅広いですがその一部をご紹介。
2453 JBR
4665 ダスキン
1435 インベスC
2120 ネクスト
2743 ピクセル
3276 日本管理C
3277 サンセイラン
3300 アンビション
3434 アルファCo
3457 ハウスドゥ
6030 アドベンチャ
6064 アクトコール
8840 大京
8848 レオパレス
8850 スターツ
8889 アパマンショ
8909 シノケンG
9008 京王
3775 ガイアックス

お分かりのように
ベタに不動産はもちろん、その傘下、建設関連や民泊に必須のスマートキーの会社などが関連として注目されています。

なぜ想定より早く動き出したか?
答えは一つでしょう。
今現在オリンピックに向けてホテル不足が深刻な問題となっていること。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
足らないなら建てなくちゃ

建てすぎたらオリンピック後どうするの?

でも足りないんだからとりあえず建てよう!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

こんな状況の中で、民泊によって少しでも分散できればという事で
お国も動き出しているようです。
FBを見ていると去年あたりはかなり苦戦してましたが
厚生労働省及び観光庁が知人の一般社団法人 民泊協会 代表理事にプレゼンの機会を与えてくれるようになっていたりして
一時よりも、重かった門は開きつつあるようです。

私個人の意見は

ビジネス的には「解放したほうがいい」

です。

ただし、同時にセキュリティ関係はしっかりしないと・・・
という事でいち早く2331 ALSOKが「ホームーセキュリティBasic(ベーシック)」
を発表しましたね。
流石です。

また、少し毛色は違いますがいくつか問題もあって
その一つが
日本人は外国人が怪しい人に見えてしまうようなところがあること。

「変な外人の出入りが増えていや」
「時間関係なくうろちょろされて怖い」

そんな声も少なくないようです。
同じ人間なんですけどね。。。

これを機に異国交流が盛んになり本格的なグローバル社会への一手となればこれはもう一石二鳥です。
課題は繰り返しますが、セキュリティ面ですね。
提供する側もされる側も、しっかり身元が保障されている状況でないと
多種多様な犯罪のきっかけを作ってしまう諸刃の剣でもあります。

会員様はどうお考えでしょうか?
政策としての民泊
投資目線での民泊

機会があればお聞かせください。


いずれにしても
今後も要大注目のテーマですね。

執筆:大石





*幅広く会員様に楽しんで頂くことを目的とした読み物コンテンツのため、専門用語をなるべく省き、助言的発言を控えさせていただいております。ご了承の上お楽しみください。また、推奨銘柄付きの専門的なコラムはイオスコポイントでお楽しみいただける「加藤の鷹の目」「中屋中の急騰ど真ん中」を併せてご利用ください。詳細はサイト上段帯 左端の「最新情報」をごらんください。

[投資顧問契約に係るリスクについて]
ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さいませ。情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。 信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック