株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801 (公社)日本証券アナリスト協会

あすなろ投資顧問

2016-04-20 12:00:00

後場の注目株

【4/20】後場の注目株「節目で一服」

【4/20】後場の注目株「節目で一服」

前場の取り組みお疲れ様でした。

日経平均株価は1万6977円30銭(前日比+102円86銭)と続伸。エネルギーセクターを中心に、一時節目1万7000円を回復する場面も見られるなど、続伸して前場の取引を終えております。

◆後場の注目株レポート

システムソフト(7527)
システムソリューションやwebマーケティング支援事業などを展開。アパマングループと不動産情報サービス関連事業を展開する等、民泊関連の側面も有する。本日はさくらインターネット(3778)との業務提携が材料視され買いが殺到。

グラファイトデザイン(7847)
カーボン繊維製のゴルフクラブシャフトの製造が主力事業。自社ブランドシャフトの受注が伸び悩み、前期は会社予想を下ブレて着地したが、先週発表された今期予想では、経常利益予想は2.5倍増。本日は商いを伴い急動意。

大泉製作所(6618)
自動車や空調向けの温度センサーを展開。2月に発表された第三四半期決算では、製品の値上げやタイ工場の本格稼働により営業利益が急速に改善。以前は独ロバート・ボッシュGmbHとの取引開始報道を受け、大暴騰を演じた過去を持つ。


[投資顧問契約に係るリスクについて]
ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さいませ。情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。 信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読み下さい。

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック