株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801 (公社)日本証券アナリスト協会

あすなろ投資顧問

2016-04-21 12:00:00

後場の注目株

【4/21】後場の注目株「3月15日以来の高値」

【4/21】後場の注目株「3月15日以来の高値」

前場の取り組みお疲れ様でした。

日経平均株価は1万7236円37銭(前日比+329円83銭)と大幅続伸。NY市場の上昇や、ドル円相場で円安が進んだことが好感され、東証33業種の全てが上昇し前場の取引を終えております。

◆後場の注目株レポート

sMedio(3913)
デジタル家電、携帯電話およびコンピュータの分野でソフトウエア製品とそれに付随するサービス事業を展開。ソフトバンクが提供するプラットフォームを通じて、IoTデバイスと連携できる製品販売を開始するなど、IoT関連の一角として注目を集める。

ダブルスタンダード(3925)
ビッグデータ活用モデルを柱に「ビッグデータ関連事業」「サービス企画開発事業」を展開。昨年末に上場した企業だが、2月に発表した第三四半期決算では経常利益は2億1000万円を計上しており、通期予想に対する進捗率は94.7%と順調な推移を見せる。本日は25日移動平均線を突破。

ビーロット(3452)
不動産投資事業を展開。成長戦略の一つとして、インバウンド需要を取り込み、収益化を目指しており、その一つとしてホテル開発の用地確保や、オフィスからホテルへの用途変更を手掛ける。一方で保有不動産に認可保育所の誘致を目指すなど、「一億総活躍社会」のテーマ性も持ち合わせる。


[投資顧問契約に係るリスクについて]
ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さいませ。情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。 信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読み下さい。

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック