株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801 (公社)日本証券アナリスト協会

あすなろ投資顧問

2016-04-26 17:00:00

相場の宿「朝版」

【4/26】相場の宿「あすなろレポート<夜版>」 〜ロックオン(3690)マイナス圏から後場急伸で大幅高に!〜

【4/26】相場の宿「あすなろレポート<夜版>」
〜ロックオン(3690)マイナス圏から後場急伸で大幅高に!〜


┌───────────
■アクセルマーク(3624)
[配信日] 2016年01月15日
[配信時株価] 885円
[配信後高値] 3995円
≫上昇率 【+351.41%】
『社長の二言目』でご紹介。
前場は前日終値前後での推移で留まっていたが後場急伸となり年初来高値更新。2015年高値6240円から2016年安値586円までの下落幅を半値取り返すこととなった。次回ターゲットは4080円と見ているが勢い持続となれば明日に達成となるだろう。


┌───────────
■Hamee(3134)
[配信日] 2016年01月21日
[配信時株価] 475円
[配信後高値] 1311円
≫上昇率 【+176%】
『あすなろスコープ』でご紹介。
2日連続ストップ高買い気配!昨日大引け後にデジタルスタジオと業務提携すると発表したことが好感されている。当面のターゲットとしては直近高値安値の値幅分の上昇を見込み1747円となりそうだが、今後の新値追いにより緩む場面が出てくることが想定されますので一部利食いをご推奨。利確分の利益では現在ご案内中の「ハイウェイスターストック」を仕込んで行く事をオススメします。


┌───────────
■ドリコム(3793)
[配信日] 2016年01月15日
[配信時株価] 510円
[配信後高値] 733円
≫上昇率 【+43.73%】
『社長の二言目』でご紹介。
昨日に設立された国内初のブロックチェーン業界団体「ブロックチェーン推進協会」に、発起メンバーとして名を連ねていることが材料視されており、一時ストップ高まで買われる大幅高に。なかなか超えることができず抵抗線となっていた26週移動平均線を突破し始めた事に注目。ターゲットとなる株価は2/19安値の倍水準である784円または1067円が見込まれる。


┌───────────
■モバファク(3912)
[配信日] 2016年04月18日
[配信時株価] 2412円
[配信後高値] 2960円
≫上昇率 【+22.72%】
『後場の注目銘柄』でご紹介。
寄付きから勢い良く買われ年初来高値を更新。その後は全体の地合いに押され3000円を手前に利益確定売りにより失速となってしまったが、プラス圏を維持しての前引け。再び3000円突破を目指す展開となるか期待したいところ。


┌───────────
■ルック(8029)
[配信日] 2016年04月15日
[配信時株価] 152円
[配信後高値] 167円
≫上昇率 【+9.87%】
『動意株まとめ』でご紹介。
寄付きから短期筋と見られる仕掛けが入り久しぶりに出来高100万株を超える商いを伴い大幅上昇。高値圏維持での前引けとなった。長らく抵抗線となっていた75日移動平均線からも大幅に乖離したことで下降トレンドに終止符を打てるか今後の動きも要注目。


┌───────────
■ロックオン(3690)
[配信日] 2015年12月18日
[配信時株価] 1219円
[配信後高値] 3510円
≫上昇率 【+187.94%】
『あすなろスコープ』でご紹介。
ここ数日人気を集めた株を中心に売られ前場はマイナス圏に。しかし昨日ストップ高の勢いは収まらず後場急伸となり高値圏での大引けとなった。年初の上昇も急騰後にいったん調整入りした事からも一部利食いをご推奨。利確分の利益では現在ご案内中の「ハイウェイスターストック」を仕込んで行く事をオススメします。



[投資顧問契約に係るリスクについて]
ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さいませ。情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。 信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック