株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801 (公社)日本証券アナリスト協会

あすなろ投資顧問

2016-05-02 15:00:00

社長の二言目

コラム「社長の二言目」vol.25 〜相場は相場 業績は業績〜

コラム「社長の二言目」vol.25
〜相場は相場 業績は業績〜

先週金曜の大幅値下げ。
所々思うところございますが一度飲み込んで冷静に考えますと

黒田総裁のおかげで、
これからの仕込みは最安値での参加が可能になりました。

と解釈いたします。

早めのセルインメイ。
早く来たなら早く去る!と前向きに捉えて。
とはいえシグナルポイントはしっかりと予測しておきましょう。

■一目均衡表では28日で遅行スパンは潜り下方向です。
 GW開け16000円割れも想定です。
 半値は16542円です、あと約120円
 因みに3月のSQ値は16586円
 来週はこれの維持が出来ないと3月28日→4月8日の調整値幅の1696円が
 直近高値17613円から出ると15917円に繋がりやすいでしょう。

それにしてもただでさえ狙われやすい大型連休に
黒田総裁の発言への期待感から買いが集まっていた良い流れの中

「何か言ってほしかった・・・」

現状維持はいかんよ。

「為替の秩序は保たれている発言」に習ったのでしょうか。

そうそう
黒田先生に注目が集まる中
この時期続々と決算発表がありましたが
以前このコラムでも取り上げた「アップル」
やはり大幅減益でしたね。
マーケットにも大影響でした。
本日噂のiPhone5 se が手元にくるわけでして
(なんだかんだ買ってしまいました;;)
個人的にリアルタイムなニュースでございます。

あとゲームセクター不調ですね。
グリー  営業益3.7%減
ガンホー 営業益40%
Aiming  営業益74%減

どこも人気コンテンツ持ってますが
アクティブユーザーの維持が難しくなっているようです。

でしょうね。

次から次へと新作がおしよせて
ダイヤは大盤振る舞いされて無課金でも割と楽しめる仕様が増えた印象。
加えてガチャのレア出現度で度々クレームが起きて返金。
業界としては過渡期にあり、これまで以上の企業努力が求められるところです。
新興企業のアカツキのように強い競合もいるため目が離せないセクターとなっています。

また同じく混乱の裏でこっそりと大型IRが・・・
フィンテック関連銘柄です。
もはやブロックチェーン関連銘柄が正しいかもですね。
一時S高に向けてお祭りになってましたが、最終的にプラス3円で終わるという。。。
連休前に色々とバタバタした木曜となりました。。

話は少し?横道に反れましたが
最後に黒田総裁の発言をまとめました。ご覧下さい。

・ヘリコプターマネーは現行法では実施できない
・政策効果は金融面ではすでに現れている
・予想物価上昇率はこのところ弱含んでいる
・ヘリコプターマネーは現行法では実施できない
・マイナス金利はプリエンプティブに導入した

発表後、為替は2円、日経平均は1000円下げです。
すごい破壊力ですね。

明けのポジションは当コラム前半をご参考にしていただき
安く仕込める時に弊社の単発スポット銘柄に参加されることをお勧めいたします。

執筆:大石





*幅広く会員様に楽しんで頂くことを目的とした読み物コンテンツのため、専門用語をなるべく省き、助言的発言を控えさせていただいております。ご了承の上お楽しみください。また、推奨銘柄付きの専門的なコラムはイオスコポイントでお楽しみいただける「加藤の鷹の目」「中屋中の急騰ど真ん中」を併せてご利用ください。詳細はサイト上段帯 左端の「最新情報」をごらんください。

[投資顧問契約に係るリスクについて]
ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さいませ。情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。 信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック