株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801 (公社)日本証券アナリスト協会

あすなろ投資顧問

2016-07-21 17:00:00

中屋の5時に霧中

中屋の5時に霧中 「重要!事前予想」


【7/21】「中屋の5時に霧中」〜重要!事前予想〜

本日の相場もお疲れ様でした。

一部紙面の速報で、ミネベア(6479)の第一四半期決算は前年同期比で営業利益は4割程度減少するとの報道が出ておりました。

本業の儲けが4割も落ち込むと言うのはかなりショッキングなニュースですが、一方で株価は10%を超える上昇となりました。

減益なのに大幅高!?

理由は事前予想を大きく上回ったからです。

ご存じかと思いますが、改めて事前予想を把握する事の重要さを示す事例でしたね。

ちなみに今日は経済対策20兆円が報道され、恩恵が期待される建設セクターを中心に

大成建設(1801)や、電線関連の沖電線(5815)なども物色されました。

しかし、国・地方の真水の財政支出の金額は約3兆円と、事前の予想水準の半分程度となっており、GDPの押し上げ効果などには疑問が持たれているのも事実。

ですので、今日動いた公共事業関連を含め、注意深く見守る必要がありそうです。

他にも今回の経済対策には期待される部分もありますが、もう少し様子を見ましょう。

「任天堂関連」や「建設関連」などの一時的な過熱感を利用した銘柄選びも非常に楽しいものです。

その一方で、昨日も弊社大石が、任天堂関連の紹介の際に指摘しておりましたが、

思惑を一通り織り込んだあとは、決算相場ということもあり、真の需要に支えられた企業に人気が集まるのではないでしょうか。

業績への反映が薄そうなテーマ株から資金を引き揚げるタイミングを意識しましょう。


執筆 中屋 中



無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック