株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801 (公社)日本証券アナリスト協会

あすなろ投資顧問

2000-01-01 00:00:00

九十九里投資顧問

2005-11-28 16:30更新分

国内株式概況

   
本日の国内株式市場は、先週末の米国株式市場が堅調だったことや円安を受けて、ハイテク
や輸出関連銘柄が買われジリ高の展開となった。
日経平均株価は、今年2月24日-3月7日以来の8日続伸でザラバ・終値とも年初来高値を更新。
TOPIXも3日続伸し、終値ベースでの年初来高値を更新した。
新興市場の指数も、JASDAQ平均:2357.92(+13.41)、マザーズ指数:1996.87(+13.18)、
ヘラクレス指数:2980.29(+2.67)と堅調。

(指数)
日経平均株価:14986.94円(+202.65円)
TOPIX : 1543.43P (+13.76P)

(業種)
業種別指数は、33業種中、25業種が上昇。

値上がり率1位・・・電気製品
安川電機(6506)、東光(6801)、アドバンテスト(6857)。
値上がり率2位・・・非鉄金属
住友チタニウム(5726)、古河電工(5801)、三菱電線(5804)。
値上がり率3位・・・卸売業
BSL(3113)、コンドーテック(7438)、サンリオ(8136)。
その他・・・輸送用機器、ゴム製品、海運業など。

値下がり率1位・・・石油・石炭製品
新日本石油(5001)、新日鉱HD(5016)、AOCHD(5017)。
値下がり率2位・・・鉱業
帝国石油(1601)、国際石油開発(1604)、石油資源開発(1662)。
値下がり率3位・・・銀行業
三菱UFJFG(8306)、十八銀行(8396)、愛媛銀行(8541)。
その他・・・建設業、鉄鋼、倉庫・運輸関連など。

(個別銘柄)
<上昇>
トーアミ(5973)/2,650円(+400円)・・・ストップ高で上場来高値更新、耐震・建材関連銘柄。
日本ジャンボー(9677)/1,250円(+200円)・・・業績拡大を好感、温泉事業も好調。
アサガミ(9311)/711円(+100円)・・・ストップ高、先週末決算発表、黒字転換で増額修正。
ダルトン(7432)/419円(+154円)・・・先週末決算発表、中間期赤字転落も通期では黒字見込む。
黒田精工(7726)/411円(+80円)・・・ストップ高比例配分、ハイブリッド車部品に参入。

<下落>
応用技術(4356)/197,000円(-27,000円)・・・先週末決算発表、通期見通し下方修正。
アーム電子(6671)/1,270円(-84円)・・・連結業績見通し、中間・通期とも下方修正。
オークワ(8217)/1,660円(-57円)・・・自己株処分等で上限360万株の売り出し。
シグマゲイン(8192)/549円(-40円)・・・先週末決算発表、赤字幅拡大。
常磐興産(9675)/220円(-11円)・・・先週末決算発表、中間期大幅減益、通期赤字見通し。



[投資顧問契約に係るリスクについて]
ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さいませ。情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。 信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック