株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801 (公社)日本証券アナリスト協会

あすなろ投資顧問

2016-01-11 12:00:00

社長の二言目

社長の二言目「メディア露出の株価影響 第二回」

・社長の二言目「メディア露出の株価影響」
このところ息子が溶連菌なるものになり
喉がガラガラでかわいそう。

さて、メディア露出による株価変動のおはなし第二回。
今日はこちら

銘柄:(株)アミューズ【4301】
原因:主力タレント福山雅治結婚

ここまでの男の結婚となると
お祝いモードはほぼ皆無。

・結婚しないと思ってた
・最後の砦が・・・
・嘘つき
・眠れない
・会社休む〜

それぞれに断末魔の叫びのような悲鳴を
音無きSNSで発信する。

twitter,Instagram,Facebook,mixi,LINE,google+,755
amebablog,yahooblog,livedoorblog,NAVER,2ch

これだけのSNSで拡散されのだから、
これもまた大塚家具と同じくとんでもない広告効果。

ま、ちい兄ちゃんレベルであれば今更なんでしょうけど。。。
今日本で福山雅治を知らない人はいるんでしょうか。
ま、
いるんでしょうね。
あとはテレビ見てないアピールが強い方シリーズでしょうね。
「テレビ見てないとカッコイイ」
的な価値観が存在するんでしょうか。

それにしてもアミューズ株は一旦下げましたが
吹石一恵さんの女としての株は暴騰したのではないでしょうか?

ここまでくると嫉妬よりも羨望でしょうね。
ふむふむ。


今回は福山さん関連で
プロダクションや音楽関連の銘柄調べました。

―――――――――――――――――

・音楽制作・芸能プロダクション業界

エイベックス・グループ・ホールディングス(株)【7860】
(株)アミューズ【4301】
日本コロムビア(株)【6791】
(株)サニーサイドアップ【2180】

・音楽配信業界
インフォコム(株)【4348】
カドカワ(株)【9468】
(株)エムティーアイ【9438】
(株)フェイス【4295】
オリコン(株)【4800】
日本エンタープライズ(株)【4829】
アクセルマーク(株)【3624】

―――――――――――――――――

個人的には
エイベックスが空けた著作権事業への参入は
今後どうなるのか?
現状投資家たちの評価は低いように見えますが
長期でみればあの一歩は大きな一歩だったと言えると思います。

農業で言えば
農協に喧嘩を売ったような事態に近いものがあります。

一歩目は何も起きないでしょう。←エイベックス今ここ

二歩目で何かが動きます。良くも悪くも

三歩目で業界巻き込んで大きく動きます。

ここで吉と出るか?勝負どこですね。
音楽好きなので盛り上がって欲しいですけど。
なかなか難しいですね。
大昔、不遇な天才として音楽家は位置づけされてました。
ビジネスになった事自体が奇跡。
本当の意味での存在意義が確立するのは
まだまだ先のお話になるでしょう。

ともあれ、今年も沢山の成人が誕生し
業界に参入してもらい
株式トレード界に新しい風が吹いてくれると
我々としては

「実に面白い」

となるわけです。

最後までありがとうございました。
ぺこり。

大石


*幅広く会員様に楽しんで頂くことを目的とした読み物コンテンツのため、専門用語をなるべく省き、助言的発言を控えさせていただいております。ご了承の上お楽しみください。また、推奨銘柄付きの専門的なコラムはイオスコポイントでお楽しみいただける「加藤の鷹の目」を併せてご利用ください。詳細はサイト上段帯 左端の「最新情報」をごらんください。


[投資顧問契約に係るリスクについて]
ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さいませ。情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。 信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック