株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801 (公社)日本証券アナリスト協会

あすなろ投資顧問

2016-01-13 12:00:00

社長の二言目

社長の二言目「時価総額ランキングの顔ぶれ」

〜社長の二言目「時価総額の変動」〜

出社途中にマックがあり
朝マックの誘惑と戦い続け
そして
負け続けています。。。
ただ、
あすなろスコープの推奨銘柄600%越えちゃってるなぁ。
こっちが勝ってるなら良しとしましょう。


さて、2009と2015の時価総額上位35社が話題になっています。
TOP10だけ抜粋してみる。

2009(単位:億円)
1 トヨタ自動車 98,268
2 NTTドコモ 62,818
3 NTT 59,659
4 三菱UFJFG 46,011
5 ホンダ 38,164
6 任天堂 38,109
7 東京電力 34,025
8 キャノン 28,476
9 パナソニック 25,831
10武田薬品工業 25,190

2015(単位:億円)
1 トヨタ自動車 260,754
2 三菱UFJFG 110,007
3 NTTドコモ 102,226
4 NTT 100,564
5 JT 92,864
6 日本郵政 86,175
7 KDDI 83,149
8 ゆうちょ銀行 79,875
9 ソフトバンクG 74,921
10 ホンダ 72,330


まず

・平成生まれの企業0というなんとも寂しい現実。
これは35位まで同内容。とほほ。

・年末に上場したての郵政、ゆうちょの食い込み具合。

・そして通信セクター多すぎ。
10位中4社て。

そんなところでしょうか。

個人的には
ソシャゲに押されて任天堂が圏外行きになってるのとか
ちょとショック。
ちょとではないかもです。
遅れてディーエヌエーと組んだものの
どうだろ?
組む相手は妥当だったのかな?

私のゲーマー心をくすぐる展開は
光栄なんかと組んで劇画タッチのマリオの野望

とか

コロプラと組んでマリオプロジェクト的なMMO的ソシャゲ

何れにしても
「サクサク感のある仕上がり」
を期待したい。

それからいうとディーエヌエーのソシャゲ、
もっさりしててややストレス。
今一歩伸びないの、ゲームの質より
操作性だと思う。

テーマも常識にとらわれない形にしてほしい。

光栄の「信長の野望201X」というゲームがある。
THE 世界観的ゲーム。

信長がロケットランチャー的なの持ってるという^^;

今川義元がインカム付けて
竹中半兵衛がスカウターつけてる

まぁなんとなく考えつかなくもないけど
光栄がそれやっちゃうんだ的な衝撃ね。

ファミコンソフトが3000〜4000の時代に
8000円でこれが本格歴史ゲームの金字塔だ!
的なことやってた正統派歴史ゲーム界のドン「光栄」がですよ。

ン〜〜
ゲーム関連頑張ってくれないかなぁ。。。

ゲーム関連銘柄でも二言目で取り上げてみようかな。
はい、次回はゲーム関連でまいります。


ともあれ
好調な通信セクター
お国との最近の一幕。

お国  :通信料やすくしなさい!!
大手3社:1GB 3900円作りました!
お国  :おk


なんていうか、、
ね、、
もうね。
ン〜〜 いいでしょう〜
いいのかなぁ〜〜^^;


最後までお付合い頂きありがとうございました。
ぺこり。

大石


*幅広く会員様に楽しんで頂くことを目的とした読み物コンテンツのため、専門用語をなるべく省き、助言的発言を控えさせていただいております。ご了承の上お楽しみください。また、推奨銘柄付きの専門的なコラムはイオスコポイントでお楽しみいただける「加藤の鷹の目」を併せてご利用ください。詳細はサイト上段帯 左端の「最新情報」をごらんください。

[投資顧問契約に係るリスクについて]
ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さいませ。情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。 信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック