株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801 (公社)日本証券アナリスト協会

あすなろ投資顧問

2016-01-15 12:00:00

社長の二言目

社長の二言目「ゲーム好きならテーマはゲームで」

社長の二言目「ゲーム好きならテーマはゲームで」
近所のお高い店のすき鍋定食のクオリティを
すき家のすき鍋が軽く超えてくる赤坂からお送りしています。

さて、ゲーム関連。
それもソシャゲに偏ってみる。

その前に、
私が人生初めて触ったハードは?

1、ファミコン
2、ゲームボーイ
3、PCエンジン

はい、1でございます。


では、
初めてやったソフトは?

1、バンゲリングベイ
2、たけしの挑戦状
3、忍者じゃじゃ丸くん
4、テニス
5、グラディウス

はい、
はっきりしませんm(_ _)m
確か、上上下下左右左右BAだったかなと

とにかく覚えているのは、

楽しすぎたこと。

今の子供達はどうなんでしょう?
ゲームの質なんて信じられないほど上がって
いつでもどこでもできて
やり込み要素が無限で

やはり
楽しすぎてますよね。

ちなみに我が家では禁止中です。
ゲームで遊ぶのではなく
ゲームに遊ばれちゃうんですね。
これは危険。
共感いただける会員様もいらっしゃるかと。

それはそうと、
ソシャゲの流行でこの業界も顔ぶれがガラッと変わりましたね。
ソシャゲが主テーマの銘柄ウォッチしてきました。

2121 ミクシィ
2122 インタスペス
2138 クルーズ
2432 ディーエヌエ
2454 オルアバウト
2489 アドウェイズ
3624 アクセルM
3632 グリー
3635 コーテクHD
3639 ボルテージ
3656 KLab
3664 モブキャス
3760 ケイブ
3765 ガンホー
3793 ドリコム
3810 サイステップ
3823 アクロディア
3845 アイフリーク
3851 日本一ソフト
3903 gumi
3904 カヤック
3907 シリコンスタ
3911 Aiming
3912 モバファク
4751 サイバー
4777 ガーラ
6176   ブランジスタ
6033 エクストリム
9684 スクエニHD
9697 カプコン
9766 コナミHD


ガンホーがパズドラで噴いたのと
mixiがモンストで大復活したのが一般にも届いたニュースでしょうか。

その後こぞってIT企業が
「金があるならゲーム作れ」
的な流れになりましたね。
appstoreとかランキング上位にゲームしかいない時ありましたね。

さて今はというと

かなり淘汰されたものの
まだまだチャンスは大きい見通し。
ただ、古株が苦戦してますね。

ガンホー:パズドラ離れに苦戦。
グリー :ヒット作出せず
DeNA :任天堂と組んだものの期待されず
スクエニ:ヒット作のリメイクばかり

あ、ソシャゲに関してだけに要点絞ってますので悪しからず。。。

そもそもどのゲームにも言える事ですが
進化のベクトル間違えてないでしょうか?

・全キャラリアルボイス!!
・美麗グラフィック!!
・OOO書き下ろしキャラ!!

ゲーマーとしては上記ほぼどうでもいい。

大石的ソシャゲに欲しい事は2点のみ

1、サクサク操作感
2、ゲームバランス(世界観含む)

そう、結論長い期間楽しみたいのです。
いい意味で時間つぶしの選択肢でしかないわけです。
・原稿を書く
・サイトのカスタム戦略を考える
・コンテンツアイデアを絞る
・お客様の声を聞く
・推奨銘柄の動向をチェック
・鷹の目コラムを読む

・たまにゲームを・・・ 程度

だからノンストレスである事。

これが最前提。
なんなら課金だってします。

「させてください!!」
くらいの気持ちで時間使ってる。

流行ってるから、
儲かるから、
だけで似たようなゲーム量産してほしくないですよね。

なんならこのセクターも
外資系に食われてませんか?
知恵と技術すごいんですけどね。
遊びココロのレンジの狭さゆえ損してる気がしますね。我々は。

7974任天堂も優良コンテンツの宝庫。
ポケモンやマリオとかと最新テクノロジーの融合で
何か新しいカルチャーつ創り出してくれると信じてます。
岩田社長の残したマインドを継承しているチーム。
必ず子供達だけでなく大人にもサプライズをくれると信じてます。

いやー。
このまま朝まで行けますがまたにしておきましょう。

ともあれ
ゲームのやりすぎで
ゲーム内マネーの価値がキャッシュを超えてしまったあの頃には戻りたくないものです。。。

最後までありがとうございました。
ぺこり。

大石



*幅広く会員様に楽しんで頂くことを目的とした読み物コンテンツのため、専門用語をなるべく省き、助言的発言を控えさせていただいております。ご了承の上お楽しみください。また、推奨銘柄付きの専門的なコラムはイオスコポイントでお楽しみいただける「加藤の鷹の目」を併せてご利用ください。詳細はサイト上段帯 左端の「最新情報」をごらんください。

[投資顧問契約に係るリスクについて]
ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さいませ。情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。 信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック