株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801 (公社)日本証券アナリスト協会

あすなろ投資顧問

2016-01-22 12:00:00

社長の二言目

社長の二言目「マネーの虎のボス達」

社長の二言目「マネーの虎のボス達」

事務所の裏に美味いトンカツ屋を見つけて
嬉しい反面、
体重の大暴騰に恐怖を感じてもいる
今日この頃です。


さて、前回のあからさまな振りが効いてます。
マネーの虎の社長達

私はほぼ全ての回を見たのですが

印象に残る社長ランキング

1、高橋がなり社長
2、岩井良明社長 
3、貞廣一鑑


志願者ランキング

1、森脇健児
2、今となってはAKBのビジモデ
3、ロックで世界をとる男


わかる方はわかるという。
それでいてニッチなところは攻めてないセレクション。
ん〜弊社の助言者の銘柄選定並みのセンスを感じます。

がなり社長は一番共感出来る方でした。
綺麗事なくあそこまで本質に迫れるのは
相当な地獄を見た事があるあの方だからできるのでしょう。
抱き枕ビジネスの回でのオタクの定義には納得。流石の一言でした。

岩井社長は塾経営の方
正義感の塊でありながらビジネス思考も備えている不思議な方。
最初は志願者側で応募してきたそうです。
南原社長とちょこちょこ喧嘩するんですよね。
出資したパソコンドクター成功して自社ビル持ちだそうで。

貞廣社長は前回の二言目でも取り上げました。
冷静に燃える人って印象。
決して冷めた人ではないのがいい。
ひょっとすると心の中では虎の中で一番燃えてる社長だと思う。
家具屋さんに投資して見事成功した回は感動。
今でも繁盛してるそうですごいことですね。

志願者は何と言っても森脇健児の回がぐっときましたね。
何がって

「森脇健児が志願」

これが至宝ですよね。
これだけでおかわりできます。

工藤兄弟が出てきた回もありましたよ。
時代を感じます。

そう言えば
今でいう
AKBグループのビジネスモデルを持ち込んだ志願者がいました。
ノーマネーでしたが。

どのセクターもそうですが、
ビジネスモデルが優れているだけでは
投資の対象になりませんね。
トップの人間力と組織力が備わって初めて土俵に立ちます。
あとは体力勝負でしょうか。


放送されてた2001〜2003までの事件と言えば

2001/9/11 同時多発テロ

これが一番の衝撃でしょうか。

(厳密に言うと直後の10月から放送されてるのでかぶってないですけど。)

株価にも相当影響しましたね。

あれからもう15年です。
日経平均も一時2倍超えましたが、最近は大荒れですね。
レンジ上下600円の動きも見慣れてしまったという。

意図しないことで乱高下する昨今。
株式投資よりも
株式トレードが向いてますね。

中長期保有は頭から外して
デイトレメインで利益を得た方が良さそうです。
以前あすなろスコープで特集した
【実践!!デイトレード手法】手法その1
【実践!!デイトレード手法】手法その2
【実践!!デイトレード手法】手法その3
これはとても参考になります。
1/31までのコンテンツですので最新情報より閲覧してみてください。
3つ見て4500イオスコという大変お得になっております。

キャンペーンで得たイオスコを
どうか有意義にお使いください。
私も社長ながら、イオスコを使って閲覧してます。
更新前に会議で散々チェックしてるのですが
サイト上にアップされるとまた違った喜びあるものです。

いつまでも初心忘れず。
且つ、意識は手練れのままに。

ともあれ
あの頃すごい社長さんたちだなって思いながら見てましたけど
もし上場したとして投資したい会社は「虎」「志願者」合わせていくつあったのかというと・・・

あなた様はいかがしょうか?

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

後場も張り切っていきましょう。
ぺこり。

大石

PS:
相場の宿のコメントが最近研ぎ澄まされています。
無料ですので
どうぞよろしく拝見のほどを。


*幅広く会員様に楽しんで頂くことを目的とした読み物コンテンツのため、専門用語をなるべく省き、助言的発言を控えさせていただいております。ご了承の上お楽しみください。また、推奨銘柄付きの専門的なコラムはイオスコポイントでお楽しみいただける「加藤の鷹の目」を併せてご利用ください。詳細はサイト上段帯 左端の「最新情報」をごらんください。

[投資顧問契約に係るリスクについて]
ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さいませ。情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。 信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック