株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

あすなろ投資顧問

2019-11-07 15:45:00

加藤あきらの投資戦略室

米中合意延期観測でも下がらない日本株、保ち合い放れはSQ後か

やはり相場膠着の様相が強まってきましたね~。

そんな中、個別の中小型株は我関せずで上値を伸ばしています。個人投資家にとってはこの追い風を活かしてうまく立ち回りたい相場ですね。

【大抽選ウハウハ大当り銘柄】が直近の高値更新、【大口サードアイ銘柄】も再び高値圏へと導かれて決算後に追加された方は含み益も大きくなってきたのではないでしょうか?

今回の決算後に買われているということは、機関投資家の買いが真っ先に向かってきている銘柄であるとみて間違いないでしょう。個人投資家の買いだけではこうはなりません。

他にも状況をお伝えしたい銘柄がたくさんありますので、下部のコメント解説もぜひチェックしてください。

さて、昨晩の米国市場では来週のチリでのAPEC開催が無くなり、米中首脳会談が12月にずれ込む可能性が出てきたことで米中合意が延期されるとの観測が相場の上値をおさえることとなりました。

足元で急ピッチで上昇してきておりましたので、ちょうど利益確定売りで小休止したいところ、ガス抜きしたいタイミングだったと推察されます。

とは言え、基本線は変わらずで株価水準が高値圏にあろうとも仕掛け売りの材料に乏しいのが今の相場です。

局所的にドイツ銀行破綻のフェイクニュースが流れていたようですが、マーケットは微塵も反応しませんでした。

トランプ大統領は株高の状況にご機嫌なツイートを発信するなど、高値警戒感もありながらリスク選好色も強いゴルディロックス相場(適温相場)が続いています。

当の日本市場はと言えば、昨日ソフトバンク(9984)が衝撃的な赤字決算を発表したものの、下げ幅は限定的でそれほど指数の押し下げ要因にもならなかったことや、本日のトヨタ自動車(7203)の決算が市場予想を上回って年初来高値を更新するなど、非常に底堅い相場であると言えます。

トヨタと言えば最近の東京モーターショーで話題を独占したことが印象深いですが、皆様はこの記事をすでにチェックされましたでしょうか?

実質「トヨタモーターショー」だった東京モーターショー(日経ビジネス:2019/11/6)

トヨタの自動運転技術について以前にも述べたとおりですが、やはり技術も性能も「世界一」の座が揺らぐことはないと思わせてくれます。

ただ、投資対象としては私もこのコラム内で5月に6500円台でご紹介しておりましたが、パフォーマンスはまだ20%に満たないんですよね。

やはり、値幅取りには中小型株の方が優位だということなのでしょう。
昨日のコラムでも自動車関連の素材や部品株を狙っていきましょうということを書きましたが、過去のコラムでもこれにちなんだ銘柄をたくさん紹介してきました。
ぜひ『加藤あきらの投資戦略室』バックナンバーを漁ってみてください(笑)。

そう、昨日のコラムで思い出しましたが、ちらっとふれたフルヤ金属(7826)が本日も良い動きでしたね。
この2日間で値幅1000円以上、高安のパフォーマンスは22.4%もの値上がりでした。
これも実は自動車に大きく関わっており、さらに同社のイリジウム製品もまた世界一と言っても過言ではありません。

相場は明日のSQを通過してみないことには保ち合い放れになるのか、しばらくこのままゴルディロックスが続くのか何とも言えないところではありますが、調整があってもたかが知れているかと思います。

11/5のコラムで書いた「重要変化日」を意識して、保ち合い下放れの動きが出てきたら手綱を調整するだけでよいでしょう。

ですから、本日も強気で銘柄をいくつかご紹介しておこうと思います。

まず、金型などの専門商社であるミスミG(9962)が決算は下方修正だったのですが悪材料出尽くしで買われ、本日終値ベースで戻り高値を更新してきました。
商社が動いてきたということは、いよいよもって物流の動きが良くなってきていることを示しています。

設備投資関連の機械株や金型部品株、また10/29に当コラムでご紹介したラサ商事(3023)などの専門商社で小型株などを強気で仕込んでいってもよいと思います。

あとは循環物色が進んできたとみてアナログ系電源のコーセル(6905)やパワー半導体の新電元工業(6844)、さらに決算通過で買っていきたい高周波熱錬(5976)などがあります。

個人投資家が好みそうなシンクレイヤ(1724)が決算でどう動いてくるのか注目して監視しておきたいと思います。

最近になって空売り比率が40%を切る日が続いていたのですが、昨日は4営業日ぶりに40%を超えてきました。

上値が重いとみるやすぐに空売りしたくなっている投資家の方が非常に多いのだなと感じていますが、浅めの調整幅を狙っているのであればそもそもリスクリターンが合わないと思います。

中には年初からずっと言われ続けている暴落を狙っている方が多いのかもしれませんが、大して上昇もないうちに暴落はやって来ません。債券動向におかしな動きが出てきてからでも間に合うと思います。

暴落ばかりに気をとられているよりも明るい未来に投資した方が、澄んだ目と健全なメンタルで相場に臨めると思います。


≪加藤コラム内でご紹介の銘柄≫
◆オリンパス(7733)[精密機器]
8/5のご紹介からもうすぐ株価1.5倍にリーチ!
決算上振れで大幅高だが、これを狙ってはダメ×
決算持ち越しはあくまでリスク許容の範囲で。

◆三桜工業(6584)[自動車部品]
急騰急落からの復活劇!
商い伴って上昇だが二回目の相場は要注意!
再エントリーは逆指値がお供。

◆原弘産(8894)[仕手株]
4月にご紹介してからずっと音沙汰なし。
…だったはずがここにきて急騰。
11円⇒48円で株価4.3倍に(笑)
見方によっては資金効率が良い!?
仕手株のため手出し無用。

◆東洋紡(3101)[繊維]
昨日コラムで指摘した繊維セクター。
やはり物色資金が回ってきているか。
9/2のご紹介から20%UP!
仕込みが済んでいる方は利乗せしていきたい。

◆東邦亜鉛(5707)[非鉄金属]
9月ご紹介から高値は15%UP。
決算で売られるのは想定内。
本番はこれからで押し目買いの往復狙い。

◆ジェイテクト(6473)[自動車部品]
トヨタ関連と言ったらこれは外せない!
10/24に200日線突破でご紹介。
上昇幅はまだ10%未満だがこれからが楽しみ。

◆ツバキ・ナカシマ(6464)[機械]
10/24に200日線突破でご紹介。
本日も続伸で株価10%超え達成。
機械株の出遅れ修正余地は大きい。

≪あすなろ単発スポット銘柄の動向≫
★大抽選ウハウハ大当り銘柄【3倍銘柄賞】(****)
本日も高値更新!気が早いが次の利確ポイントも視野。
特許申請が次々と…さらなる朗報に期待!

★緊急即日公開銘柄-第参弾-(****)
今日も商い膨らみ高値更新!
この1か月間の高安で35%値上がり♪

★大口サードアイ銘柄(****)
決算発表前の水準を奪回!!!
決算立ち回りで二度おいしい♪

★プラチナムシークレット銘柄(****)
すでに最終目標株価達成で取り組み終了だが、
その後も上値を伸ばして株価4倍超え!
やはり今年の化学セクターは期待を裏切らない。

★ド短期・フラッシュバブリー銘柄(****)
株価は約12%UPで途中だが決算後に期待。
決算前はセオリー通りにポジション調整しておき、
通過後に本格買いで!

★ラストまんもす銘柄(****)
200日線突破でこちらも発射台に。
本日も公開後の高値更新と順調♪
決算も通過し、むしろ本番はこれからか。
グイグイ上値を伸ばす展開に期待も膨らむ。

★元祖あすなろ銘柄(****)
本日は売り買い交錯で一進一退。
フォローした新聞報道で市場の注目度はアップ!
200日線突破で早くも強含みに変わりなし。
こちらも驚愕の特許持ち銘柄。

★緊急SSS級銘柄(****)
市場の資金が向かう素材株が今まさに発射台へ。
出来高も徐々に増加傾向。
来週仕込むにはもってこい。
11/13(水)公開予定の期待株、本日より募集開始。

※【緊急SSS級銘柄】とは?サイト内特設ページでご確認いただけます※

▼【加藤あきらの投資戦略室バックナンバー】▼
※詳細はコチラをクリック※


【 相 場 の 格 言 】
『いつ起きるかを予想することは、何が起きるかを予想することより何倍も難しい』
(フィリップ・フィッシャー)

それでは明日も希望をつないで慎重にかつ大胆に取り組んでまいりましょう。

【本日ご紹介した銘柄】
ミスミG(9962)
ラサ商事(3023)
コーセル(6905)
新電元工業(6844)
高周波熱錬(5976)
シンクレイヤ(1724)

執筆者:加藤あきら

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック