株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

あすなろ投資顧問

2019-12-01 15:00:00

社長の二言目

汗をかくほど儲かる【6銘柄】を先取りするべし!

--------------------------------------------------------------------------------
*12月の相場観は動画で公開中「11/29から」
年末勝つために最後までしっかり見てくださいね。
全てはあすなろ利用者様のために。

儲かる株に乗れてない全ての投資家へ捧ぐ。【12月の熱狂相場に備えよ!】

※この動画は音声が出ますのでご注意ください。
※ご視聴する場合は動画をクリックすると≪再生≫できます。
--------------------------------------------------------------------------------


さて、タイトルの件・・・



フィットネス市場は年々拡大中。米国では約3兆円産業と言われ、国内でもその半分の潜在力はあるとの予測も。

しかし伸び率は緩やかなのが現状です。

いや、言ってしまえば「外資に食われている」のが正直な印象です。

この辺りを「伸びしろマダマダ!」と見るか「出遅れて致命傷!」と見るかで判断は変わってきます。

そんなわけで国内の上場会社を6社程おさらいしておきましょうね。

RIZAP(2928)
デビューこそ大成功したものの、派手なM&Aがあだとなり「赤字企業」のイメージが強くなってしまいました。しかし買収した会社も黒字化したり売却したりとなんだかんだ上手に仕上げつつ、本業も粛々と成長できています。
通っている身として感じる事はサービスの【質向上】かな?【質の安定】とも言うかな。少しバラツキが気になります。

セントラルスポーツ(4801)
積極的に新規出店を行い、足元は減益となっているものの、通期では増収増益予想。幼児期から囲い込む顧客獲得スキームは長期運営において有効打になる。細く長くの経営が業界のエクスパンションフェーズにおいて吉と出るか凶と出るか。

ルネサンス(2378)
直近オープンしたクラブの会員数が順調に伸びている様子。出店費用もしっかりこなしながら事業拡大出来ている様子。通期予想増収増益。やはり今時のジム運営に24時間営業スキームは必須か。乗り遅れた感は否めないがここから一気に足を速めて業界の「ディープインパクト」となれるかどうかが鍵。

東祥(8920)
セグメント別に見れば、時節柄ホテル事業が抜群に伸びてるが、来年以降は不透明感があるので無視するとして。不動産業の伸びはしっかり評価しておく。注目はもちろんスポーツクラブ事業の伸び。地味な数値ながら着々と拡大中。新規出店はどれも好調で業績寄与率を少しづつ上げている。

ジェイエスエス(6074)
スイミングスクールで約80億売る会社。「習い事ならまずは水泳」という雰囲気は、子を持つ親ならだれでも知ってること。そのニーズを拾い上げ堅く硬くジワジワと成長し続けている。あすなろ利用者様はあまり興味ないかもしれませんがこのような会社の存在を知っておくことはとても大事。まずは共有だけしておきます。

コシダカHD(2157)
群馬が誇るカラオケ屋「まねきねこ」。カラオケ屋とあなどるなかれ!どうやらこのところ儲けまくってるご様子。
この会社はご存じ「30分健康体操教室カーブス」を運営してるわけですが面白いのはその展開。拡大を続けているカーブス事業を本体と資本関係のない独立した会社にする「スピンオフ」という仕組みを使って事業を分離すると発表。
そしてそれを上場させようとしてるのだからお見事な展開。
ターゲットが明確な事、プロダクトが優秀な事、地域密着である事、絶妙な価格設定、口コミで広がりやすい事など事業が伸びるために必要ないわゆる【4P】が整いすぎてるキラーコンテンツとして私は高く評価しています。


そうそう、
加えてもう1社直近IPOがありましたね!

トゥエンティ―フォーセブン(7074)
RIZAPと酷似したビジネスモデルを安価で展開する事で中圏層を大量に取り込み上場にこぎつけた会社。

◆売上
RIZAPが約2000億
7074が70億

◆時価総額
RIZAP1400億
7074が200億

RIZAPが割高なのか?7074が割安なのか?セクターの将来性を加味するとPERだけでは判断しかねるところですが、決算資料によるRIZAPの美容ヘルスケア領域の売上はおよそ30%ほどなので、ざっくり年間600億とした時に、7074がこれからどこまでこの数字に対抗できるか?を見ていくとヒントが見えてくるかもしれませんね。


つらつらとご紹介してきましたが、地味ながら伸びしろ満点の産業であることは間違いないところ。

同時に覚えておきたいのはグローバル目線。すなわち中華圏。

人口に対してのフィットネス人口があまりにも少ない。

これが国民性であって伸びしろと言えないのならば無視すべきですが、健康意識の高まりと共に伸びてくるのであれば驚異的な伸びを見せることになります。

冒頭で書いたように国内だけで争えば対して面白くないように見えますが、中華圏が宝の山だとして、日本企業が勝負に勝てるなら、投資先として非常に面白くなってくると思います。


先読み投資は産業発展の可能性を探る事から始めましょう。




では。
相場はあすなろ投資顧問と共に。



執筆者:大石



PS:紹介銘柄の一言目+α

・PCA
あすなろTUBEで取り上げてましたが、ここぞとばかりにコラム銘柄に昇格。その後私の誕生日に高値4385円をつけてご紹介から約25%上昇。下は-0.14%ということでナイスタイミングでしたね。SaaSはまだまだこれから。気長に。

・ベルグアース
農業関連。配信から約6%の上昇。安値も約-1%と浅い。地味ですが「1円を笑うものは1円に笑われる」事を頭に叩き込んでおきたい。

★社長大石のキングダイヤモンド銘柄
とても奇麗な寄り付きとなり、皆様も上手にお買付けされたご様子。流石!慣れてきましたね♪危なげなく連騰中ですが浮かれるべからず。粛々と第一利確へ歩を進める大石銘柄。ポジティブフォローは目前か?乞うご期待。

●社長大石のキングダイヤモンド銘柄購入者特典【社長大石の監視銘柄手帳】
*初回なので全銘柄一言コメントを添えます。

[T]
チャートを日足半年で見れば分かりやすいですが、出来高は緩やかに減っているのに株価は上がり続けるという凄い奴。この挙動を魅せる株は、調整をこまめに挟みつつ大きな値幅が狙える傾向にあります。それがお出しした理由の一つ。

[J]
いい機会なので推奨では扱いづらいセクターをピックしました。ここからバイオの春にかけて期待できる会社という事で。

[I]
最近になって改めて火がついてきたビジネスモデルの一角。同業他社が大きく買われたのは記憶に新しいですが同社はハイテク寄りではなく積み上げてきた顧客ネットワークをうまくマネタイズできる経営手腕を評価したい。

[S]
一部では「カタカナの方ね」で通ずる旬な会社。上昇トレンド継続中。5%で良ければすぐに獲れましたね。

[G]
今見ておくべき国土強靭化の一角として。

[N]
かなりニッチな商売。現状業績面は振るわないうえに、下方も出して悪材料出尽くし祭りの様相。なだらかに下げ、やや底入れ感出てきたかなぁという所で愛すべきあすなろ会員様へ特典として。早速買われてますね。

[U]
年明けから動きを見せるであろう会社。2歩手前くらいのタイミングでご紹介しておきました。内容はレポートのとおり、投げ売られた会社が静かに回復基調にのり、世にV字が知れ渡った際の妙味に触れてください。と言いつつしっかり買われてますね。



では12月もスタートダッシュかけていきましょう!

乗るのはもちろん俊足【一撃ダークホース!】


【今回ご紹介したものまとめ】

RIZAP(2928)
セントラルスポーツ(4801)
ルネサンス(2378)
東祥(8920)
ジェイエスエス(6074)
コシダカHD(2157)
トゥエンティ―フォーセブン(7074)

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック