株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

(一社) 人工知能学会 会員番号:18801

あすなろ投資顧問

2000-01-01 00:00:00

九十九里投資顧問

2006-10-10 16:41 更新分

99beach : 10月10日(火)/国内株式概況

本日の東京株式市場は、小反発となりました。朝方は北朝鮮の核実験実施を嫌気し安く始まりまし
たが、先物に大口買いが入ったことやバスケット買い流入で反発、ザラ場で一時1万6600円まで
回復する場面がみられました。2時発表の機械受注が市場の予想を下回ったことで、売りに押され
値を下げましたが、引けにかけて押し目買いに値を戻しました。新興市場は大きく下げています。

{指数}
日経平均株価:16477.25円(+41.19円)
TOPIX : 1634.83P (+0.62P)
JASDAQ平均 :2143.49円 (-23.70円)
マザーズ指数 : 1125.60P (-47.21P)
ヘラクレス指数  : 1828.68P (-64.85P)

{業種}
業種別指数は、33業種中、16業種が上昇。

値上がり率1位・・・鉱業
 日鉄鉱業(1515)、国際石油開発帝石HD(1605)、石油資源開発(1662)
値上がり率2位・・・石油・石炭製品
 ビー・ピー(5051)、新日鉱HD(5016)、ニチレキ(5011)
値上がり率3位・・・医薬品
 アステラス製薬(4503)、エーザイ(4523)、ツムラ(4540)
その他・・・銀行業、卸売業、精密機器など。

値下がり率1位・・・その他金融
 ジャックス(8584)、アプラス(8589)、ロプロ(8577)
値下がり率2位・・・小売業
 パル(2726)、シーマ(7638)、TRNコーポレーション(3351)
値下がり率3位・・・その他サービス
 一休(2450)、ディップ(2379)、ぱど(4833)
その他・・・倉庫・運輸関連、繊維製品、空運業など。

{個別銘柄}
<上昇>
石川製作所(6208)/173円(+9円)…北朝鮮核実験で防衛関連として人気高まる。
ファーマフーズ(2929)/180,000円(+16,000円)…卵白ペプチド「ランペップ」の販売開始へ。
重松製作所(7980)/689円(+22円)…防衛関連の側面手掛かりに短期筋の資金誘う。
丸山製作所(6316)/370円(+36円)…仕手系株物色の流れから目先狙いの資金誘う。
東芝プラントシステム(1983)/590円(+46円)…9月中間期の大幅増益見通しを好感。
マニー(7730)/7,880円(+560円)…今8月期の純利益17%増予想を好感。
パルコ(8251)/1,579円(+87円)…07年2月期よそうの上方修正を手掛かり。
フィンテックグローバル(8789)/96,000円(+4,900円)…MSCBの繰上償還を材料視。

<下落>
一休(2450)/137,000円(-24,000円)…今3月期の下方修正を嫌気。
ブイ・テクノロジー(7717)/658,000円(-100,000円)…LCDパネルの在庫過剰により通期業績予想を下方
                                    修正。
ジャックス(8584)/915円(-200円)…今3月期の利益予想を下方修正。
ディップ(2379)/85,000円(-20,000円)…今2月期の大幅減益見通しを嫌気。
ウエストHD(1407)/400円(-73円)…前8月期の赤字幅拡大見通しを嫌気。
デジタルアーツ(2326)/123,000円(-20,000円)…今3月期の業績予想の下方修正を嫌気。
セイクレスト(8900)/78,100円(-7,000円)…9月中間の経常赤字転落見通しを嫌気。
バンダイネットワークス(3725)/87,900円(-10,000円)…今3月期の一転経常大幅減益見通しを嫌気。

[投資顧問契約に係るリスクについて]
ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さいませ。情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。 信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

無料新着記事

記事一覧へ

今ご登録で特典5銘柄+大石銘柄+5000ptをプレゼント!

今すぐ無料登録 クリック